いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第20回ご登場 安島浩社長 株式会社 マルト 安島浩社長
株式会社 マルト】事業内容生鮮食品・加工食品・雑貨・衣料・一般薬品の販売・調剤薬局、外食事業等
株式会社マルト 公式サイト 株式会社マルト 会社概要
社長への質問項目一覧
Q1.丸秀水産株式会社の森田社長からご紹介頂きましたがご関係を簡単にお聞かせ下さい。
 当社の魚部門の取引先です。
 市場には2社、卸しをされている会社がありますが、元々そのうちの1社で当社の担当をされていました。
 とても真面目な方で一生懸命に取り組んで頂いており大変ありがたく思っています。
Q2.御社の業務案内と沿革をお教え下さい。
 創立は昭和39年の10月で、今年で創業48年を迎えます。
 スーパーチェーンマルト、薬のマルト、その他にファミリーと言う衣料関係を扱っている店があります。特徴としては
薬と食品に関して市内のマーケットシェアの50%を持っていると言う事です。
 全国でもマーケットシェア50%を販売している企業はありません。
 当社は大企業ではありませんが、いわき市の食生活において、責任を持った販売をする事がとても大事だと考えております。
 当社のスーパーマーケットは 『 医食同源 』 を基本としています。 食べる事で健康になる。その関連として薬の販売もしている訳です。スーパーの方には管理栄養士が5人います。この方々が常に色々なメニューの開発に携わっています。また、当スーパーでは添加物を最小限に抑えた作り方をしています。
 ハッキリ言えばマルトの弁当は、他店のものより早く腐ります。それは何故か?添加物を抑えた食品を作っているからです。美味しくて、食べた方の健康の事も考えた食品販売を心がけているのです。
 また、当社はスーパーマーケットでは全国で3番目にISO22000を取得しました。取得理由は、安全安心を世界基準でお客様に提供する為です。今後もマーケットシェア50%を行う責任を果たす為に、地道な努力を惜しまず続けていこうと思っています。
 現在の店舗数は、スーパーマーケットが33店舗、うち24店舗がいわき市です。その他ドラックストアと衣料の店舗を合わせて70店舗強となっています。従業員数は、総数2000名ほどで、売上は730億円程度で推移しています。
Q3.3月11日の震災当時、安島社長の行動と、震災発生後どの様な指示をされたかをお聞かせ下さい。
 震災当日は、12時までいわきにいました。16時から東京で会議だったので、それに合わせて12時30分の電車で東京へ向かいました。震災発生時は、移動中の地下鉄の中にいました。東京も大きく揺れました、まさか東北でこの様な大きな被害があったとは思ってもいませんでしたから、関東で大きな地震が発生してしまったと思っていました。
 発生直後はまだ携帯が繋がっていたので、直ぐに本部から連絡があり、そこで初めていわきの状況を聞きました。
 戻る手段がなかったのですが、当社が加盟している日本最大の食品グループであるシージーシージャパン(※)が本部のある新宿から向えに来てくれて、いわき市まで乗せて来てもらいました。そのお陰で翌朝8時30分にいわき本部に戻ってくる事が出来ました。
 本部では私以外の役員が全て揃っていましたので、店舗状況や従業員、家族の安否確認等の情報を集め、副社長を中心に、現状に対する適切な指示を出していきました。
 震災当時、ライフラインである食の流通を止めない事が当社の使命だと感じておりましたので、その為にどうするべきかを判断し行動を起こしました。
 一番早い店舗では震災当日16時には営業を再開しております。 当社では元々、地震発生時に必要なものリストを用意しておりましたので、その商品をいち早くお客様に提供する事ができました。
 更に翌日には全店の営業が出来ました。これも各店店長の力のお陰です。
 店長の中には実家が被災して無くなっている方もいましたが、それでも店舗に出て営業してくれていました。
 本当にありがたいと思いますね。 いわきがんばる社長駅伝 第20回ご登場 安島浩社長
(※)シージーシージャパン・・・登記上の表記はシジシー(CGC)現在の加盟は全国約3700店舗である。
                  発音ではシージーシーと言われている。全国のスーパーマーケットで構成する
                  プライベートブランドを運営している。
▲質問項目一覧へ戻る
Q4.今回の震災での具体的な被害、被害額、休業期間等ございましたらお聞かせ下さい。
 休業期間は3月14日に水素爆発があってから5店舗しか開けられませんでしたので、全店舗数からすれば結構な日数になりますね。当社のスーパーしか開いていませんから、あまりにもお客様が集まりすぎてしまい、何かあったら大変だと思ったので、営業時間中は警察の方に警備をしてもらう様な形をとりました。
 最終的には3月一杯で全店をオープンさせる事が出来ました。
 また、市長の所へも行って、当社を避難物資を配る店舗として位置付けて頂き、住民の方々にいち早く安心安全な食材などを届けるためにも、断水していた水道を繋いでもらいました。やはりこれは一番大きかったですね。
 また、被害額は店舗数が多い事もあり総額で約7億円程度です。
 当社では阪神淡路大震災の際、それと同等の地震がこちらで起こった場合ををシュミレーションしていました。
 その危機対策が活きて、今回、役員はじめ従業員の皆が思ったよりも素早く対応する事が出来たと感じています。
Q5.今回の大震災から8ヶ月以上が経っていますが、震災前と震災後で考え方等、何か変わった点はありますか。
 考え方の変化は一切ありません。今回起こった事も、社内で更に地震対策を万全なものにするための教訓になりました。 良い例では、震災当時、基本的に電話は繋がらない、使えないと思われていましたが、実は使える電話がありました。何かと言えば、それは公衆電話です。
 何故、公衆電話だけが繋がっていたのか疑問だったのでNTTへ問合せた所、昔で言う黒電話(メタル電話)が動いていたらしいのです。ですから当社も本部も含めて早速、そのメタル電話の回線をもつ事にしました。 震災時も公衆電話が繋がっていましたので、そこで各店とのやりとりが出来ました。
 今回の件でマニュアルも大分修正し従業員の安否関係等新たに作り直したものが多数あります。
 その様な事を一つ一つやっていくだけで、考え方の変化と言った事は無かったですね。
Q6.いわき市は地震、津波、そして原発の問題も残っています。安島社長の考える独自のいわき市復興のビジョンをお聞かせ下さい。
 いわき経済同友会でも出していますが、経済・観光・産業特区をどうするのか?という事ですね。
 事業は少しでも動いていれば再生可能だと思いますが、どれだけ資金があっても止まったままでは減っていく一方です。ですから何もしない事は一番悪い事です。
 その点で、原発は止まってくれないと海関係の仕事は動けません。ですからその間、海関係の方々の為に仕事を作らなければ、いわきの海関係の仕事の3分の1は駄目になってしまうでしょう。
 この件に関しましては、行政を含めて大きな声をあげる事が大事です。
 また、農産物をどうするのかという大きな問題もあります。行政の方にもしっかりと集まってもらい、1日でも早く原発問題が収束するよう、人・物・金を集中的に集めるしかないと感じています。 いわきがんばる社長駅伝 第20回ご登場 安島浩社長
Q7.安島社長が考える企業の継続・発展に必要な要素はどの様な事でしょうか。
 技術出来な問題と精心的な問題と分ければ、利益が出ない企業は駄目でしょう。
 継続的に利益を出すには従業員の質が問われます。ですからしっかりとした勉強が出来る環境を作る事が大切です。これは当社でもしっかりと取組んでいます。皆が一緒になって頑張れる体制をどの様にして構築していくのか?その点で当社は教育費には莫大な金額を使っています。
 私の考えでは人の能力は無限にあると思っています。ですから学歴等は関係ないと考えています。自分が頑張る気になった時に会社としてどの様にその能力を高めるかだと思っています。教育は共に育つ、一緒になって頑張れば成長していけると思います。育たない人は一人としていないのではないでしょうか。
 あと、重要な事はお客様に対して嘘はつかないと言う事です。これをしっかりと守っていれば企業の継続・発展に
繋がるのではないでしょうか。
Q8.社長になられてから今まで一番困難だった出来事、またその困難をどの様に乗り越えたかをお聞かせ下さい。
 私が社長に就任して8年になりますがこれといった困難は無かったと思っています。
 何故かと言えば、私は全てグループで乗り越える、話し合える環境を大事にしているからです。私の考え、役員の考え、大幹部の考えを一緒になって話し合って課題を克服していく環境が整っている会社ですのでこれといった困難は無かったと思います。
 問題が起きれば走りながら解決していくだけです。 いわきがんばる社長駅伝 第20回ご登場 安島浩社長
Q9.社長が尊敬されている経営者はいらっしゃいますか。
 それは沢山いらっしゃいますね。笑
 両親もそうですし、ハニーズの江尻社長等多くの素晴らしい方々がいると思います。
  私はこれと決めるよりその色々な方の良い点を吸収しそれを自分で噛み砕いて自分のものにする事が大事だと
思っています。 
Q10.社長が日常生活(プライベート)で心がけている点をお聞かせ下さい。
 私は何でも直ぐに食べて飲むので太らない事ですかね。笑
 人生は楽しくありたいと思っています。それから一族をしっかりと守る事です。
 その一族の中で元気な人間が一族を引っ張れば良いと思っています。昔は世襲性でしたが今は、その中で元気な人が引っ張っていけば良いと考えています。 いわきがんばる社長駅伝 第20回ご登場 安島浩社長
Q11.社長の中で心に残る1冊はございますか。
 私はとても読書が好きなのですが、読む本はその時その時で変わりこれといった一冊はないかもしれません。
 その時の置かれた状況等や興味を持った方で読みたい本も変わりますから。
 今は、昨年まで成城石井の社長をしていた石井さんの本を読んでみたりしています。
 経営面ではゴールドラット博士のザ・ゴールも面白かったですね。 あげれば限りがありません。
Q12.不景気な中でも起業する方は多くいらっしゃいますが、先輩経営者としてこれから起業する方へアドバイスをお願いします。
 一番重要な事は、自分のポジションをどこに置くかという事です。起業すれば良い時もあれば悪い時もあります。
ですから 『 ブレ 』 をなくして行動する事がとても重要だと思っています。
 最初は良いが段々悪くなる方はポジションがブレている方です。逆に5年6年と経って上昇する方はブレの無い方ですね。何の為の起業なのか? そこが重要だと思います。 いわきがんばる社長駅伝 第20回ご登場 安島浩社長
Q13.社長の今後の夢をお聞かせ下さい。
 医食同源をもっと突き詰めて行きたいと思っています。
 従業員も含めてどうすれば明るくて元気な町づくりが出来るのか?
 その為に私達がお役にたてる事は何なのか?
という部分で、現在はいわき市を中心に水戸まで店舗を出店していますが、マルトが出来て良かったと言って頂ける様に頑張る事です。 そして100年企業を目指していきたいですね。
Q14.このがんばる社長駅伝は、いわき市を拠点にがんばる素晴らしい社長の言葉を全国へ発信しているサイトです。このサイトをご覧になっている全国の読者の方へメッセージをお願します。
 自分なりにリーダーシップを持って、苦しい時に自分の背中を見せられる様な経営者になるという心意気が必要でしょう。何事も先頭に立ってやるぞ!と言う強い気持ちで事に臨んでいれば上手くいくのではないでしょうか。
Q15.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第20回 安島浩社長 座右の銘「ケセラセラ」
安島社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 いわき市の食という重要なライフラインを守る使命のもと、震災後もいち早く店舗の再開をしたスーパーマルト。
 安島社長の指示の元、医食同源への探求心と地元のお客様、従業員に対する熱い気持ちが伝わる取材でした。
 
 どの様な事でも話し合える環境と絶対にお客様に嘘をつかない姿勢が多くのお客様から指示を得てこれだけの
大きな企業へ成長する事が出来たのではないかと感じました。

2011年12月9日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る