いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第19回ご登場 森田裕社長 丸秀水産株式会社 森田裕社長 社長への質問項目一覧
Q1.常陽経営コンサルタンツ根本社長からご紹介頂きましたがご関係を簡単にお聞かせ下さい。
 福島銀行の七浜倶楽部という若手経営者の会があったのですが、そこでお会いしたのが最初でした。
 もう15年位前の話になりますね。 私も元気が取り柄ですが、根本社長も元気がありますよね。
私達、経営者は元気がなければ人を引っ張っていく事が出来ないと思っていますので、そんな面でも根本社長は素晴らしい方だと思っています。
Q2.御社の業務案内と沿革をお教え下さい。
 いわき中央卸売市場が出来たのが昭和52年9月で、同年当社も設立されました。
 その時、私は違う会社に勤務し、荷受で13年間、カツオ一筋で競りを行っていました。
 平成2年に丸秀水産の社長になる話を頂きまして、同年4月に社長に就任しました。
 今年で創業45年、私で3代目の社長となります。
Q3.3月11日の震災当時、森田社長の行動と、震災発生後どの様な指示をされたかをお聞かせ下さい。
 震災発生時は市場で作業中でした。揺れは大きかったですが、すぐに止まるだろうと思いましたね。ところが逆にどんどん揺れは激しくなり、全く止まる気配もしませんでしたので作業場から外へ出ました。すると裏山が崩れるのが見えたり、凄い数の地割れも起きました。すぐにニュースを見て東北の惨状を知りました。
 当社の貸し冷蔵庫が2か所の港にあるのですが、そこで作業している従業員達はもちろん、借り受けしている在庫の事も心配でしたので連絡しましたら、その時には従業員も既に避難できていたようで連絡がとれませんでした。
 その頃には様々な方面からの情報が交錯して収集がつかない状況でしたね。
 次の日、現場へ向かったのですが、道路が寸断されていて入れませんでした。日を改めて再度現状を確認しに足を運んだのですが、とても入れる状況ではありませんでした。
 やっと確認がとれてみると、震災発生時に懸念した通り、2カ所とも冷蔵庫は流されて当社で預かっていた商品等もあの津波で全て無くなりました。
 従業員の安否確認に関しては震災後直ぐに連絡を取りました。
 社の方針を決める事もあり、次の日に来る事が出来る人だけでも会社に集まろうと話すと全員出勤してきました。
 市場内に残っている商品や預かり分に関しては、お客様が求めているのであれば提供する事が我々と使命だと
思いとにかく出来る事から始めたというのが当時の状況ですね。 いわきがんばる社長駅伝 第19回ご登場 森田裕社長
Q4.今回の震災での具体的な被害、被害額、休業期間等ございましたらお聞かせ下さい。
 被害としては、倉庫にあった原料で5千万円、製品が3千万円、重機や備品を合わせると合計で1億3千万円程の被害額です。
 また、休業に関しては私達を待っているお客様がいるのであればやりましょうと従業員一同が言ってくれましたので震災以降休業はありません。
Q5.この大震災から8ヶ月以上が経っていますが、震災前と震災後で考え方等、何か変わった点はありますか。
 震災の影響でいわきを離れた社員もいたのですが、若い20代の社員の大半が会社に残り頑張って再建しましょうと言ってくれた事が嬉しかったですね。
 変わった事は社員の連帯感が今まで以上に良くなった事です。絆が深まったと言っても良いと思います。
 3月14日の水素爆発の際、この様な事態だから会社に残るも残らないも自分で決める様にと言ったところ、9割の社員は残ってくれました。私自身は、当初から何があってもお客様がいる以上ここを離れるつもりは全くありませんでした。 また全国から支援物資等が届き、今まで以上に感謝の気持ちを強くもつ様にもなりました。
Q6.いわき市は地震、津波、そして原発の問題も残っています。森田社長の考える独自のいわき市復興のビジョンをお聞かせ下さい。
 震災前に地産地消の考えが高まり、市場内でも魚塾という塾を立ち上げました。 またビルフィッシュトーナメントというカジキ釣りの大会を開催しカジキを使っての町おこしをしている最中でした。
 震災前も後も、市内の様々な所で町おこしをしていますが、またビルフィッシュトーナメントを開きたいという思いもあります。
 我々が出来る事は、いち早く特産品を作って町おこしに貢献するという事です。 具体的には、カジキ料理を使っての町おこしを考えています。
 大きな事は言えませんが我々の出来る事を着実に一歩一歩進めていくしかないと思っています。
 また、その様な企業が増えれば自然にいわき市の復旧・復興へ向っていくのではないかと考えています。 いわきがんばる社長駅伝 第19回ご登場 森田裕社長
Q7.森田社長が考える企業の継続・発展に必要な要素はどの様な事でしょうか。
 社長になって21年の月日が経っていますが、常に思っているのは “ 男として闘争心がなくなったら終わりだ ” と
いう事です。
 何があっても必ず勝つ、負けないという気持ち、つまり闘争心が経営者には必要だと思っています。
 また、その気持ちが継続・発展にも必要だと考えています。
Q8.社長になられてから今まで一番困難だった出来事、またその困難をどの様に乗り越えたかをお聞かせ下さい。
 困難だらけで何から話せば良いか分からない位に困難な事は多かったですよ。
 まず、この会社に来た時には資金全くゼロ状態からのスタートでした。ですから支払が出来ない状態になり、明日潰れるかもしれない、今日で終わりだと思う日が何十回とありました。 最初の3年位は、毎月支払日が近づくと、もう終わりかもしれないと思う様な酷い状態が続きました。色々な銀行を当たって融資を申し込んでも話も聞いてくれない状態の中、初めて融資をしてくれるという銀行に巡り合いました。ここまでが一番最初の困難でしょうか。
 当時は、何があってもやってやるぞと言う自分の気持ちと現状には大きなギャップがありましたね。 融資を受けてから現金での仕入れが出来る様になり、当社も徐々に変わり始めました。
 そして、最初の3年を乗り越えた後、当社は平成8年には52億の売上を上げるまでに成長する事が出来ました。
 当時水産業は曖昧な値付けをしていたのですが、誰に聞いても同じ金額を言える様に、原価が幾らで、販売価格が幾らという “ 嘘 ” の無いシステムを徹底して作りました。 この、仕入れと販売のシステムを変えた事は大きな転機となりましたね。
 また、私の中でも会社としても一番の転機は、当時の大口取引先から、新興のスーパーへ商品を卸す決断をした事です。この時、周りの誰もがやめた方が良いと言ってきた程でしたが そのスーパーのバイヤーがとても熱心な方で、ここと取引をすると決心しました。今までお世話になった大口のお客様へその旨を伝えに行ったところ、そこでも考え直した方が良いよと言われたのですが、私の決意は固く変わりませんでした。
 その後何年も経った今となればその大口のお客様だった会社はなくなり、新興だったスーパーは地元最大手の
スーパーへと成長しました。我ながらこの決断は良かったと思っています。 いわきがんばる社長駅伝 第19回ご登場 森田裕社長
Q9.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか。
 特にいませんね。私は自分が全てだと思っています。
 どんな素晴らしい経営者の方でも最初から出来た人はいないと思っています。
 皆それぞれに自分で発想して自分流のやり方を見つけて成功されているのだと思います。
 その意味で誰かの真似しても駄目でしょうから、自分のやり方を貫いていく事が大事だと思っています。
Q10.社長が日常生活で心がけている点をお聞かせ下さい。
 朝は元気よく、挨拶をしっかりと。寝る前には運動をする事でしょうか。
 私達は体が資本ですから今でもジムに通い体を鍛えています。 また人前で弱音を吐かない事も私の信条です。いわきがんばる社長駅伝 第19回ご登場 森田裕社長
Q11.社長の中で心に残る1冊はございますか。
 最近は余り読まなくなりましたが、五木寛之氏や宮部みゆき氏の本は良く読みました。
 中でも20代の頃に読んだ五木氏の “ 蒼ざめた馬を見よ ” は心に残る一冊です。
Q12.不景気な中でも起業する方は多くいらっしゃいますが、先輩経営者としてこれから起業する方へアドバイスをお願いします。
 目標を決めたらそれに向って突っ走れという事ですね。余計な事を考えずに突っ走って欲しいと思います。
 私自身がそうだったのですが、余計な事を考えると挫折してしまうケースが多い様に感じます。
 全て良い方向に考えて成功する方法だけを考える事が良いと思います。
 私も余計な事を考えて多くの失敗をしてきました。先を呼んでも中々その通りにはいきません。
 今回の大震災はその良い例だと思います。いわきがんばる社長駅伝 第19回ご登場 森田裕社長
Q13.社長の今後の夢をお聞かせ下さい。
 私は現在58歳ですが、震災前には60歳で引退すると皆に言っていました。この震災の為にそれは難しい現状になってしまいましたね。
 私は元々裕福な家庭で育っていませんが、夢を持って生きてきました。
 今いる当社の若い従業員にも夢を持って生きて行ってもらえる様な会社を作る事が私の今の夢ですね。
 10年後、20年後にこの会社に入って良かったと思ってもらえる様な会社にしていきたいと思っています。
Q14.このがんばる社長駅伝は、いわき市を拠点にがんばる素晴らしい社長の言葉を全国へ発信しているサイトです。このサイトをご覧になっている全国の読者の方へメッセージをお願します。
 全国の皆さん、福島県民・いわき市民は元気です!全国の方々に負けない位一生懸命にやっています。
 支援物資を送って頂く等、受けました恩は必ずお返し出来る様に頑張ります。
 必ず福島は再生出来る様にもっともっと頑張りますので温かく見守って下さい。
Q15.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第19回 森田裕社長 座右の銘「闘争心」
森田社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 様々な社長様の取材をさせて頂き、その中で多くの事を学べる事が “ がんばる社長駅伝 ” を運営している上で最大の魅力です。
 森田社長は、今までご登場頂いた社長の中でダントツに元気で明るい社長です。
 常に自然体で嘘の無い言動と行動は経営者の鏡だと言えるでしょう。数々の失敗を経験しその中から自分流の
成功法則を編み出す事の重要性を話す社長は、 今後も様々な方々と素晴らしい取組みや仕事をし、自社の再建や
いわき市の復旧・復興にも尽力されていく事と実感しました。

2011年12月2日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る