いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第18回ご登場 根本勝祐社長 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長 社長への質問項目一覧
Q1.東洋システムの庄司社長からご紹介頂きましたがご関係を簡単にお聞かせ下さい。
 庄司社長が創業したばかりで、まだプレハブでの会社経営だった頃から、現在の世界的な企業になるまで一緒に頑張ってきた間柄です。会社としては会計的な事をお手伝いさせて頂いております。
 公私共にお世話になっている社長ですね。
Q2.御社の沿革をお教え下さい。
 開業したのが平成4年10月1日です。
 今年で丁度20年目になります。大学を卒業してから11年間、地元いわき市の会計事務所に勤めました。その後
東京で2年半働きました。
 その時期は丁度バブル経済が終わった時期で、首都圏もそうですが、いわき市も大変な状況でした。
 そんな中会計だけではなく、増収増益を目指すコンサルタント業も行って、地元の役にたとうと思った事が創業の
きっかけです。
Q3.3月11日の震災当時、根本社長の行動と、震災発生後どの様な指示をされたかをお聞かせ下さい。
 当日は、宇都宮のお客様の所へ向っている途中でした。
 丁度高速のサービスエリアでガソリンの給油が終わった時に震災が発生しました。もの凄い揺れを感じました。
 それでもお客様の所へ向ったのですが、途中で高速は閉鎖されましたので下道で向いました。ですが町中の状況が酷かった事もあり、直ぐに会社へ向いました。
 道路もまともには走れませんでしたので会社へ到着したのは、翌日12日のAM3:00でした。次の日には幹部が集まりまして今後の対策を練りました。会社としては23日まで休業とする決定をしました。いわきがんばる社長駅伝 第18回ご登場 根本勝祐社長
Q4.今回の震災での具体的な被害、休業期間等ございましたらお聞かせ下さい。
 当社のお客様には海沿いの方も大勢いらっしゃいます。また原発避難区域のお客様がいらっしゃいますので全体で2割のお客様が被害に遭われました。
 ですから当社の被害も全体の2割程度となります。金額にすればこれは大きな額になります。
 また、休業に関しましては3月12日から3月23日までの間は休業しました。
Q5.大震災から7ヶ月が経っていますが、震災前と震災後で考え方等、何か変わった点はありますか。
 一番変わった事と言えば、現場に行って指揮をとる様になった事です。 震災以降はずっと現場に入って指導・指揮する様になりました。 勿論、開業当初は私が現場に入る事は当たり前でしたが、お陰さまで現在は優秀な社員が
多数居ますので私は経営に専念する事が出来ていました。
 ですが今回の震災で現場に入る様になり、気持ち的には10年~20年前に戻った様な感覚がありますね。また、今までもお客様の為にやれる事をやろうと思っていましたが、震災以降その気持ちは更に強いものになりました。
Q6.いわき市は地震、津波、そして原発の問題も残っています。根本社長の考える独自のいわき市復興のビジョンをお聞かせ下さい。
 原発の問題で “ フクシマ ” は世界的に有名になってしまいましたね。 この福島を再生する事が日本にとっても重要な事だと思っています。 そして、福島を再生する為に一番近い場所はいわき市だと思っています。
 いわき市を拠点として最先端の医療研究施設の誘致、それから経済特区にして貰い企業誘致を促し雇用を創出する事、電気・ガス・水道等の料金を免除する事も企業誘致には必要だと思います。
 この様な事をいわき市が先駆けてやっていけば復旧・復興も早まると思います。
 また、個人的には復興の為にいわき市にカジノを建設する事も良いと考えています。そうして全国や海外の方々をどんどん呼んで頂けば相乗効果でスパリゾートハワイアンズや地元の温泉等の観光地の復興にも役に立つと考えています。 いわきがんばる社長駅伝 第18回ご登場 根本勝祐社長
Q7.根本社長は様々な企業経営者をご覧になっていると思います。そんな根本社長から見た成功する経営者の共通点をお教え下さい。
 ありがたい事ですが本当に色々な成功者を沢山間近で見てきました。
 その方々には共通する成功パターンが3つあります。
 1つ目は、明るい事。これは前向きな性格と言い換えても良いと思います。
 2つ目は、とても素直である。 人から教えられた事をスポンジの様に吸収して自分の力に変えてしまいます。
 そして3つ目は、勉強熱心であると言う事です。 この3つは成功されている方には共通するキーワードですね。
Q8.起業する事は簡単で継続して更には発展していく事は非常に難しいと思いますが社長が考える、企業の継続・発展に必要な要素はどの様な事でしょうか。
 一番は諦めない事でしょう。そして自分を信じて行動していく事です。
 また大事な事として自分の為だけに行動しない事がとても重要です。
 自分の為だけでは直ぐに限界がきてしまいます。地域社会の為、社員の為、お客様の為と自分よりも他の人を優先して行動する事が出来れば自然と企業は継続し発展していくと思います。いわきがんばる社長駅伝 第18回ご登場 根本勝祐社長
Q9.社長になられてから今まで一番困難だった出来事、またその困難をどの様に乗り越えたかをお聞かせ下さい。
 困難な事というのは常にあります。その時その時のレベルによって困難の度合いも変わってきます。
 資金面、人(教育)、会社の事、社会的な事等その時々で様々です。
 私は困難というものは必ずある事を前提に考えています。その時に思う事は、その困難を克服し一回りも二回りも大きくなった自分を夢見る事です。今までもその様にして乗り越えてくる事が出来ました。
Q10.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか。
 東洋システムの庄司社長です。庄司社長とはプレハブの会社だった頃からずっと一緒にやってきました。ですから本当に大変な時もありましたが、庄司社長はどの様な時にでも前向きな気持ちで周りの人を大切にする心を持って行動します。
 人の2倍も3倍も努力しますし自分には厳しく人には優しい。本当に尊敬出来る経営者です。
Q11.社長が日常生活で心がけている点をお聞かせ下さい。

 人生を楽しく過ごす事は一番心がけています。そして楽しんだ事と同じ位社会貢献する事を考えています。
 私は自分が幸せでいないと人を幸せにする事が出来ないと思いますのでまずは自分が幸せになり、その分社会に貢献する事を意識しています。

いわきがんばる社長駅伝 第18回ご登場 根本勝祐社長
Q12.社長の中で心に残る1冊はございますか。
 内村鑑三氏の書いた “ 後世への最大遺物 ” です。
 人間はこの世に何の為に生れて来たのかを書いている本です。
 生まれてきた理由の1つは事業を残す事、2つ目は人を残す、3つ目は思想を残す、4つ目は金を残す事ですが、
この4つは中々出来る事ではありません。けれど、5つ目、生きざまを残す事は誰にでも出来ると言っています。
 自分なりに何でも良いので一生懸命にがんばったらその生きざまを残す事が、いさましく高尚なる生涯と言って
私の好きな言葉でもあります。
Q13.不景気な中でも起業する方は多くいらっしゃいますが、先輩経営者としてこれから起業する方へアドバイスをお願いします。
 商売はすんなり行く事はないという前提でやって頂ければ成功すると思います。
 困難な事や問題は必ず起きます、そこで諦めないで乗り越えた先にいる自分の大きな姿を夢見て下さい。
 困難が大きければ大きい程、乗り越えた先にはそれ以上に大きな得るものが待っています。
 その気持ちを持って起業して頂きたいですね。
 今回の震災も別の意味では経営者を試す為の困難だと思っています。 いわきがんばる社長駅伝 第18回ご登場 根本勝祐社長
Q14.社長の今後の夢をお聞かせ下さい。
 我社を東北No1の社会貢献企業にする事です。
 色々な貢献の形はあると思いますが我々の本業部分で多くのお客様を救っていきたい。多くのお客様に成功して
貰いたい。その為に私達の持てる力を発揮していこうと思っています。
 また、多くの有能な人材を育てる事も大きな夢の一つですね。
Q15.このがんばる社長駅伝は、いわき市を拠点にがんばる素晴らしい社長の言葉を全国へ発信しているサイトです。このサイトをご覧になっている全国の読者の方へメッセージをお願します。
 この大震災で経営者の皆さんは自信をなくしてしまったり大変な事が多いと思います。
 ですがそれを乗り越える力を皆さんは持っていると思います。勇気を持って前に進んで頂きたいです。
 辛い事は永くは続かないと思ってお互いに頑張っていきましょう。
 また、東北の被災地は勿論、福島県やいわき市を温かく見守って頂ければと思います。
Q16.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第18回 根本勝祐社長 座右の銘「いさましく高尚なる生涯」-社会のために-
根本社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 社長の指示のもと震災後情報の入って来ない避難所へ “ 号外 ” を制作し配布する活動をした常陽経営コンサルタンツ社。この模様は “ その時自分は何ができただろ ” と題し、TVでも放映され反響を呼びました。
 中でも村井専務のお客様を残して逃げる訳にはいかないと言う言葉と仕事に対する情熱には感銘を受けました。
 またH21年12月には経済アナリストの森永卓郎氏を呼んでの講演を主催し1600人のホールを満員にするなど、
根本社長の地域に対する貢献はこの20年で着実に地元いわき市に根付いていると感じる取材でした。

2011年11月25日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る