いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第10回ご登場 鷺弘樹社長 株式会社 東日本計算センター 鷺弘樹社長
株式会社東日本計算センター】事業内容システム開発、データ移行、コンサルティング、組込ソフトウェアの開発、
ネットワークの構築、セキュリティ監査
株式会社東日本計算センター 公式サイト 株式会社東日本計算センター 会社概要
社長への質問項目一覧
Q1.常光サービス株式会社の野崎社長からいわき・社長駅伝の“タスキ”をお渡し頂きましたが、野崎社長とのご関係をお教え下さい。
 まずは地元の先輩後輩と言う間柄です。その中でも青年会議所(旧いわき平)の活動でご一緒させて頂きました。
 私自身、大学卒業後東京で就職し33歳でいわきへ帰ってきましたのでJCの活動、またそれ以外の部分でも野崎さんには大変お世話になりました。JC卒業後も変わらずお付き合いさせて頂いている間柄です。
Q2.御社の沿革・業務案内等について簡単にお聞かせ下さい。
 昭和40年に東日本計算センターとして先代の社長(現会長)が創業しました。
 私が2代目の社長となり就任してから今年で6年になります。
 当社は本社をいわき市においておりますので、そう言った意味でも地域密着型の企業といえるでしょう。
 主な事業部としては、社会公共事業部、エンタープライズ事業部、情報・物流サービス事業部、エンジニア事業部、エンベデッドシステム事業部の5つの事業部があります。 現在は、子会社1社とグループ3社でグループ体制をとっています。いわき本社を中心に東京、日立、横浜に事業所を展開しています。
 従業員数は全て含めまして500名程になります。
Q3.3月11日の震災の日は、鷺社長はどこにいて何をなさっていましたか?震災直後、最初にどの様な行動をとられたのでしょうか?
 丁度、用事があって自宅に戻った際に震災が発生しました。
 相当な揺れでしたので家の中でも高い所から落ちてくるものがあったり、本棚が倒れたりとただ事ではないと思い
ました。テレビは繋がったのでニュースを見ましたがやはり大変な事になっていると分かりましたので直ぐに会社へ
連絡をして従業員の安否を確認し遂行中の仕事に支障がないか等を確認致しました。
 震災直後、電話も携帯も繋がりませんでしたが当社では部長以上にはウィルコムの端末を支給しており、震災の時はそれが功を奏し連絡を取る事が出来ました。 いわきがんばる社長駅伝 第10回ご登場 鷺弘樹社長
Q4.今回の震災での具体的な被害と被害額が分かればお教え願えますか?また、休業期間等はあったのでしょうか?
 社員の協力もあり仕事自体は止める事なく続ける事が出来ました。
 当社の従業員には人的な被害はなかったのですが、社員のご家族で津波の被害に遭われて亡くなられた方がいます。これが一番辛い事でしたね。
 当社では事業部が分かれておりますが、開発系に関しましては、お客様の会社がストップしていた事もあり一時的に当社でもストップしておりました。
 また、東京で作業が出来る場所を確保出来た事もあり3月15日から社員と設備を持って3回に分けて東京へ向いました。 被害額は全て合わせて1億弱程度になります。
Q5.大震災から半年が経ちますが、震災前と後で考え方等なにか変った点はございますか?
 精神状態としては、震災直後から4月頭までは大変辛い時期でした。
 原発の情報がまだまだ分からない状況でしたので様々な選択肢を考えていました。いわき市は原発からも近い
距離にありましたし、今後の事を考えると不安になりました。
 ですが現在のいわき市の状況は線量も低いですし本当に奇跡に近いのではないかと感じています。
 今は以前よりも前向きでプラス思考で物事を考える様になっています。
 本当に何が起こるか分からないと身を持って経験しましたので“今”出来る事は何か?を考えて以前にも増して
前向きな行動をとれる様になりました。
Q6.御社は、海外へも事業展開されていますが円高の影響やその対策等どの様にしているのでしょうか?
 当社は海外展開はしておりますが、単独での展開は非常に少ないです。
 お客様の海外展開をお手伝いする形になりますので当社で直接的に為替の問題が出てくる事はありません。
 ですが、お客様が為替の変動でお困りになる事もありますから当社としては、それをどの様にすれば最良なのかを常に考えてお客様のお手伝いが出来ればと考えております。 知恵を出してトラブルをなくす事がお客様の為に一番重要な事だと思っています。 いわきがんばる社長駅伝 第10回ご登場 鷺弘樹社長
Q7.鷺社長が社長に就任されて6年ですがその間一番困難だった事等ありましたらお聞かせ下さい。
 やはり最大の困難は、今回の大震災だと思っています。この大震災の事を考えれば社長就任から今までの6年間の苦労は然程でもないと思えます。
 前社長から私への代替わりも非常にスムーズでした。
 東京ではシンクタンクに勤めていましたので当社の様な業態での経験がありませんでしたが、前社長が健在で
色々な事を学ぶ事が出来ましたのでそう言った意味でもあまり困難は無かった様に思います。
 その後リーマンショックもありましたが十分乗り越えられるものでしたのでやはりこれと言って苦労したと言う事も
ないですね。
Q8.今回の震災では、地震・津波、そして福島県は原発と言う大きな問題があります。半年経っても被災者の方々には復興のビジョンが見えてきませんが、鷺社長が考える独自のいわき市“復興のビジョン”をお聞かせ下さい。
 いわき市、福島県浜通りのいわき市、福島県でのいわき市、日本でのいわき市と捉え方は様々だと思っていますが、まずは「安心・安全」と言うものを雇用も含めてどの様にしていくかを考えなければいけないと思います。
 感情論では幾らでも言う事はあるかと思いますが、政府や電力会社の方にはしっかりとやるべき事をして頂きたいと思っています。
 対策と言った面では、やはりいわき市が原発収束のベースキャンプになるべきだと思います。まずはいわきに知の
集積を行う事です。今福島で起きている事は誰も経験した事がない事ですからこの場所が先進地域になるべき所だと思っています。更にそれを乗り越えた上で新エネルギーや次世代の町創りのモデルになれば良いですね。
 放射線に関してはチェルノブイリ事故から25年経ってそれなりに研究されていますから治験として活かせます。
ただ今回初めてなのはチェルノブイリの際は「海」がなかったと言う事です。 海産物・水産資源・海と放射能の研究はされていませんでしたので、これを含めたものをいわき市で研究して住んでいる方々の安全に活かす事が重要でしょう。
 また風評等もありますので産業の雇用をどの様にするか? いくら線量が低いとはいえいわき市はハンディキャップを背負っている事は事実です。この様なデメリットを特区などにより事業メリットに変える様な事を地域の声として政府にはお願いしたいですね。そうでなければこの地に進出してくれる企業が今後出てくる事があるのかと思ってしまいますね。また、現在ある進出企業には地元として感謝してその様な企業になにが出来るのかを考えていかなければいけないでしょう。 いわきがんばる社長駅伝 第10回ご登場 鷺弘樹社長
Q9.鷺社長が考える、事業を継承し、更には継続・発展していく為に重要な要素はなんでしょう。
 今までの当社の経緯で様々な事がありましたが、その中でこの質問の答えがあるとすればそれはチャンスを逃さない事、場所はどこであろうとチャンスがあれば貪欲にビジネスをやっていく事、この姿勢は創業当初から変わっていません。
 ですが、時代に合わせて変えるべきところは変えていく事も重要です。
 逆に変えてはいけない部分もあります、我々のお客様は大変長くお付き合いさせて頂いております。それは我々を気に入ってくれているからであって、そこを勘違いしてしまうと大変な事になります。大事なのは、誠意ある仕事ぶり でお客様の期待を裏切らない事です。そして常に明るく転んでもただでは起きないと言う事です。変化がある所にチャンスがあると考えて行動する事が重要になると思います。
Q10.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか?
 いっぱいいらっしゃるので難しいですね。笑
 本を読んでも沢山いますし、仕事でお会いしている社長様は本当に尊敬出来る方々ばかりですので。
 ですが、あえてあげるとすればやはり会長(創業社長)ですね。
 創業してからの苦労も知っておりますので私の中でも一番大きな存在です。
Q11.多数の従業員を抱える企業の社長として、従業員の皆様が働きやすい環境づくり等心がけている点はございますか?
 拠点ごとに親睦会を作っていたり、40周年記念の際には全社員が集まって様々な発表をしたりと環境づくりには気をつかっています。 中でも社員教育研修には力を入れています。
 また、企業は逆ピラミッドだと思ってもらう様にしています。現場に向き合っているのは社員の皆さんですから、我々は支える側にも回りますし社長や幹部を使って下さいと言っています。 いわきがんばる社長駅伝 第10回ご登場 鷺弘樹社長
Q12.社長が日常の生活(プライベート)で心がけている点をお聞かせ下さい。
明るく元気にと言う事でしょうか。笑
私は前向きに楽しもうと言うスタンスで物事に取り組みます。
あとは、やはり健康ですね。
健康な体があっての良い仕事ですから自分も含めて社員にも健康には注意する様に言っています。
Q13.この様な不景気な中でも起業される方は多くいらっしゃいます。経営者の先輩としてこれから起業される方へのアドバイスがあればお聞かせ下さい。
 これは会長なら良いアドバイスが出来ると思うのですが。笑
 うちの会長はともて厳しいのですが、創業当時本当に苦労した様です。今はベンチャー支援や相談窓口などがある様ですが、会長が言うには起業する様な意欲のある人間は全て自分で解決すると言っています。人に頼らず依頼心がなく、苦労しても面白い事をみつけてやっていける事が重要でしょう。
 また産業構造が変わっていく中でお客様に近いサービス業は無くならないでしょう。
 そう言った意味で何の“プロ”なのか?どの分野での専門家なのかがはっきり言えればビジネスは無限にあるのではないでしょうか。 起業されるからには頑張って頂きたいですね。 いわきがんばる社長駅伝 第10回ご登場 鷺弘樹社長
Q14.社長の今後の“夢”をお教え下さい。
 短・中期的には、今回の震災を受けてマイナスの出来事でしたが、この先振り返った時に良かったねと言える様にプラスに持っていく事が第一ですね。
 それは、当社も地域も我々を応援して頂いている方々との間でもそう思えれば良いです。
 また、仕事の面ではこの先どの様になるか分かりませんが振り返った時に面白かったと思える事、やって良かったと思える事が大事です。その様に考えならがまた次の世代に渡せて行ければ良いと思っています。
Q15.このがんばる社長駅伝では、いわき市を拠点にがんばっている素晴らしい社長様方の言葉を全国へ発信していこうと考えています。このサイトをご覧になっている全国の読者の方々へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 とにかく我々は明るく元気にやっていこうと思っています。
 今はマイナスな面で有名になってしまいましたが、元々いわき市は素晴らしい地域です。
 ここから復興してこの様な町やコミュニティや仕事の仕方があっても良いねと思って頂ける様に今まで以上に頑張っていきたいと思っています。縁があっていわき市に関わっていらっしゃる方々も多いと思いますので益々その縁を深めて頂きたいと思っています。
Q16.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第10回 鷺弘樹社長 座右の銘「Enjoy my life!」
鷺社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 初めてお会いした鷺社長の第一印象はとてもお洒落な社長。 身長も高くスタイルも良く頭も良い。

 お話しを聞いても、話の組み立ても上手で難しい話を分かりやすく噛み砕き説明して下さる知的な社長、非の打ちどころがないとはこの事だと思える様な方でした。

 そんな社長ですが、御自身の行動指針は面白いか面白くないか? 話の随所に今までの経験談を織り交ぜて楽しい話を聞かせて頂き取材時間もあっと言う間に過ぎてしまいました。 社長が今後面白いと思える仕事での新しい展開からは目が離せません!

2011年9月30日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る