いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第7回ご登場 田村哲朗社長 田村建材 株式会社 田村哲朗社長
田村建材 株式会社】事業内容建築工事業、内装仕上工事業、屋根工事業等11種類からの建設業の大臣許可を得て、建築工事の施工及び建設・土木資材の販売
田村建材株式会社 公式サイト 田村建材株式会社 会社概要
社長への質問項目一覧
Q1.株式会社鹿島ショッピングセンター松本社長からいわき・社長駅伝の“タスキ”をお渡し頂きましたが、松本社長とのご関係をお教え下さい。
高校の同期です。 昨年になりますが、高校の同期会を初めて開きました。
卒業して数十年になりますが初めてですね。
そこで会うまでは全く交流は無かったのですが、彼も社長に就任し様々な集まり等でお会いする様になりました。
Q2.御社の沿革について簡単にお聞かせ下さい。
 元々は職人の家系でした。 私の曽祖父の代から屋根専門の宮大工として仕事をしてきました。
それから徐々にトータル的な建設業へシフトしていき現在に至っています。
父の代で法人化して今年で設立50年目になります。 私が社長に就任してからは11年です。
当社社名にもあります様に建材と言うと材料を販売する会社といったイメージがありますが、当社では工事が中心で材料販売は5%程度のものです。
Q3.御社の業務内容をお教え下さい。
 各種専門工事業として、建築工事業、内装仕上工事業、屋根工事業等11種類からの建設業の大臣許可を得て、建築工事の施工及び建設・土木資材の販売を手がけています。
Q4.3月11日の震災の日は、田村社長はどこにいて何をなさっていましたか?震災直後、一番最初にどの様な行動(又は指示)をされましたか?
 あの日は会社(いわき本社)にいました。
地震が起きて最初は物が倒れない様に皆で押さえたりしていたのですが、急に大きな揺れになり危険だと判断して全員で外へ避難しました。
行動ができるようになったらすぐに従業員の安否確認をしました。 電話が繋がりませんでしたのでメールでの確認になりましたが、本社に関しては当日中に把握する事が出来ました。その他郡山、福島、白河、東京に営業所があるのですが、全ての従業員の安否確認が出来たのは週明けになりました。 いわきがんばる社長駅伝 第7回ご登場 田村哲朗社長
Q5.今回の震災での具体的な被害と被害額が分かればお教え願えますか?
 本社増築部分に多少の亀裂が入った事と福島営業所の外壁の破損等で約1,000万円程度の損害が出ています。
ですが一番辛かった事は、社員のご家族が津波の被害で4名程お亡くなりになった事です。その他の社員の家でも半壊や浸水等の被害が出ています。
Q6.震災で壊れた施設や道路等の修復から家の修理まで、建築・建設系の会社は震災以降忙しい日々が続いていると思いますが、御社では仕事量など震災前と後ではどの様に変わられましたでしょうか?
 震災の翌日から出勤出来る社員には出勤してもらいました。
あれだけの地震でしたから屋根や塀の損傷が多く、当社にも多くの連絡を頂きました。それから皆で手分けして復旧の工事へ取り掛かったのですが、物件数は多いものの一つ一つの仕事が細かいので人手も不足しているのが実情です。その分本来の仕事が出来ない状況になったりとこれから改善していかなければいけない点はありますね。いわきがんばる社長駅伝 第7回ご登場 田村哲朗社長
Q7.社長の中で震災前と震災後で考え方の面で変わった点はございますか?
 一人一人が出来る事は限られています。 ですからしっかりと優先順位をつけて行動しなければいけないと言う事ですね。
そうでなければお客様へも迷惑をかけてしまいます。 また、あの震災が本当に現実のものだったのか?と思う程の出来事でしたから普段から何が起こっても良い様に“備え”をしておく事がとても重要だと再認識しました。
Q8.田村社長が社長に就任されて11年ですが、その間一番困難だった事、またその困難をどの様に乗り越えたかをお聞かせ下さい。
 私の場合は本当に恵まれていまして、先代の父がいて周りには優秀なスタッフがいて皆に見守られながらここまでやってくる事が出来た様に思います。
特に私が社長に就任した当時は他の役員は大変だったと思います。
細かい事を言えば色々と悩んだ時期もありましたが、周りの方々に助けられながら今までやってこれましたので本当に恵まれているとしか言いようがないですね。 いわきがんばる社長駅伝 第7回ご登場 田村哲朗社長
Q9.地震・津波、そして福島県は原発と言う大きな問題があり中々復興のビジョンが見えてきません。特に原発に関しては風評被害が絶えない状況です。田村社長が考える独自のいわき市
 現状、いわき市の企業は今まで以上に頑張っていると思います。ですが、更にそれを超えてそれぞれの企業が今以上に頑張るしかないと思います。
いわき市を転出された方と転入してきた方の割合を比較すると、以前よりいわきの人口は多くなっていると言われています。
転入されてきた方々が、今後いわき市で働いて暮らしていける様なしっかりとした受け皿を作る事も我々企業には求められている事だと思います。
“雇用の創出”が重要な課題になってくると思います。
 また、放射線に関しては様々な風評がありますが、いわき市は福島県内でも放射線量が低い地域です。
そこは、行政に正確な数値と情報を開示して安心してもらう事がとても重要だと思います。 
Q10.田村社長が考える、事業を継承し更には継続・発展していく為に重要な要素はなんでしょう。
 まずは、社員満足度を上げる事だと思っています。
社員が満足して働ける様にしていかなければお客様にも良い提案や仕事をする事が出来ないと思います。
 社員、お客様、取引関係先と全ての方々を幸せにする事が大事です。
社員が定年を迎えて田村建材で働いていて良かったと思って頂ける会社にしていこうと思っています。
その事が事業を継続し更には発展する事に繋がっていくのではないかと考えています。
いわきがんばる社長駅伝 第7回ご登場 田村哲朗社長
Q11.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか?
 身近な所では、先代の父を尊敬しています。
一代でここまでの会社規模にした事もそうですが対外的にも先代の跡を継いでから多くの方に支援されている事
からも父の仕事ぶりが分かる気がします。
 また、松下幸之助氏はやはり尊敬していますね。 氏の書いた、社員心得帖は新入社員には必ず配って読んでもらっています。
Q12.様々な要素があり一概には言えない部分があると思いますがあえて一つ、あげるとすれば経営する上で田村社長が考える一番重要な要素はなんでしょう。
 沢山の要素があると思いますが、一つと言われれば潰さない事でしょう。笑
100名近くの従業員がいてその家族がいて取引先がある。
その事を考えればしっかりと事業を継続していく事が最も重要だと思います。
Q13.多数の従業員を抱える企業の社長として、従業員の皆様が働きやすい環境づくり等心がけている点はございますか?
 社員とのコミュニケーションをとる事を大切にしています。
また、気兼ねなくいつでも私の携帯に電話をかけて話せる様にしていますね。
また、報告や連絡はメール等でも出来ますが、相談事は直接会ってする様にしています。そうでないと本当はどの程度困っているのか?悩んでいるのかが分かりませんから。
 他には、社員旅行には家族も一緒に参加してもらえる様にしています。
家族を大切にしていなければ良い仕事も出来ませんからね。 いわきがんばる社長駅伝 第7回ご登場 田村哲朗社長
Q14.社長が日常の生活(プライベート)で心がけている点をお聞かせ下さい。また、休日はどの様に過ごされていますか?
 家族、友達を大切にする事です。 これは私だけではなく家内も同じ様に友達を大事にする様にしています。
休日に関しては現状では時間が全くとれないので中々出来ないのですが時間があったら何もしないでゆっくりと読書でもしたいですね。笑
Q15.この様な不景気な中でも起業される方は多くいらっしゃいます。これから起業される方へのアドバイスがあればお聞かせ下さい。
 これはいつも思っていたのですが、創業される方はパワーが違います。
ですから創業する時点で自分は凄いのだと思ってやれば上手くいくのではないでしょうか。 2代目や3代目の経営者に比べれば創業される方のエネルギーは凄いですから、諦めずに頑張って頂きたいと思います。
Q16.社長の今後の“夢”をお教え下さい。
 今は、子供から大人までこのいわきの地で安心して暮らせる様になる事が夢ですね。
数年前には、老後住みたい町No1にもなったいわき市ですから今後全国の方にその様に思ってもらえる様な
街づくりが出来ればと考えています。
Q17.このがんばる社長駅伝では、いわき市を拠点にがんばっている素晴らしい社長様方の言葉を全国へ発信していこうと考えています。このサイトをご覧になっている全国の読者の方々へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 目に見えない放射線の問題は確かに怖いです。
最近経済同友会で千葉県にある放射線医学総合研究所の先生に来て頂きお話を聞きました。
今は様々な情報が錯綜していますのでなんとも言えませんが、正確な情報を元判断して頂きたいですね。
いわき市の放射線量は低いです。これからも福島県、いわき市を温かく見守って頂きたいですね。
Q18.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第7回 田村哲朗社長 座右の銘「日々是好日」
田村社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 株式会社 鹿島ショッピングセンターの松本社長からタスキを渡された田村社長。
34歳で社長に就任し100名の従業員を有する企業のトップになられた苦労は並ではなかったはずです。
ですが、一切その様な事は口にださず、自分は恵まれていたとおっしゃる田村社長の器の大きさを感じました。
 常にスタッフの目線で物事を考えコミュニケーションをとる田村社長。
座右の銘でもある、日々是好日。どの様な状況下でも楽しむ精神を持っている素晴らしい社長でした。

2011年9月2日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る