いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第5回ご登場 庄司秀夫社長 エル・トマ 庄司秀夫社長
事業内容地中海風レストラン5店舗(エル・トマ、ラ・パセオ、ラ・パリージャ、ラ・パパ、ひまわり)の経営
社長への質問項目一覧
Q1.株式会社アイエムテー武田社長からいわき・社長駅伝の“タスキ”をお渡し頂きましたが、武田社長とはどの様なご関係なのでしょうか?
 平成14年に3店舗目になるラ・パリ―ジャの出店をきっかけに知り合いました。
と言いますのも出店した、いわきワシントンホテルのすぐ向いに無印良品(武田社長経営、移転前)があった事とその後、4店舗目のラ・パパをラトブ(※)へ出店した際に武田社長も無印良品をラトブ内へ移転しましたので色々とお世話になりました。 現在も公私共にお世話になっています。
(※)ラトブ・・・いわき駅前再開発ビル ▲質問項目一覧へ戻る
Q2.御社(店舗)の沿革について簡単にお聞かせ下さい。
  昭和54年に現在のエル・トマの前身となる、赤いトマトと言う小さなお店を出店しました。
 その後平成7年に土地(120坪)を購入し現在のエル・トマを建築、オープンしました。
 平成12年にラ・パセオ、14年にラ・パリ―ジャ、21年にラ・パパ、22年にひまわりと現在5店舗を運営しています。
 最初に出店した赤いトマトから32年になりますね。
Q3.御社の業務内容に関してお聞かせ下さい。
 エル・トマのオープンから5店舗を出店していますが、全て地中海風レストランです。
エル・トマをオープンする際は、実際にスペインまで行って色々なスペイン料理店を見て周り、店舗の作りや
本場の味等を吸収してきました。人から聞く事と実際に自分の目で確かめる事とは違いますからね。
 店舗ごとのイメージは多少違いますが、どの店舗にも共通している事は様々な層のお客様に喜んで頂ける
『洋風食堂』的な位置づけになっていると言う事です。 
Q4.3月11日の震災の日は、庄司社長はどこにいて何をなさっていましたか?震災直後、一番最初にどの様な行動をされましたか?
 あの日は、ラトブ3Fにあるラ・パパ(※)のレジ前にいました。
最初ゆっくりと揺れ始めたのですがそれが長く続いた後に尋常ではない揺れりなりました。
  その時、その数ヶ月前にあったニュージーランドでの大地震の事が頭を過ぎりました。
3.11の時は本当にここで終わってしまうのか?と本気で思う程の大きな地震を経験しました。
店内にはまだ多数のお客様が残っていましたので安全に外まで誘導しました。ここでは普段の避難訓練が活きましたね。お客様の安否を確認した後は、全ての店舗で従業員と家族の安否確認を行いました。地震直後は電話が繋がりませんでしたので全ての安否確認が出来るまでにはかなりの時間を有しました。
5店舗共に従業員と店舗が無事だった事が救いでしたね。いわきがんばる社長駅伝 第5回ご登場 庄司秀夫社長
(※)ラ・パパ・・・庄司社長経営の地中海レストラン ▲質問項目一覧へ戻る
Q5.今回の震災での具体的な被害と被害額が分かればお教え願えますか?また、通常営業に戻るにはどの程度の日数を要しましたか?
 実害として、皿や器等の陶器からワインやウイスキー等の飲料品と厨房機器等を合わせて約300万円程度です。
この他に、震災以降の営業出来なかった期間の売上(平均)で約1,500万円程度です。これはかなりの損害になりました。 営業を再開したのは、ラトブ内にあるラ・パパとひまわり(※)が早く3月27日から(時間短縮営業)その後4月の中旬にエル・トマとラ・パセオ(※)、5月の中旬にラ・パリ―ジャ(※)の順で再開しました。
従業員も避難したりと人材が集まりませんでしたので全ての店舗で一斉に再開するより返って数店舗づつの再開で良かったと思っています。 
(※)ひまわり/ラパセオ/ラ・パリージャ・・・庄司社長経営の地中海レストラン ▲質問項目一覧へ戻る
Q6.創業から32年と長い間店舗経営をされてきた訳ですが、創業から現在まで一番困難だった事、またその困難をどの様に乗り切ったかをお聞かせ下さい。
 一番最初に赤いトマトを出店してから良い時期も悪い時期もありました。 結果としては食べていくのがやっとといった生活が数年間続きましたね。 その時に、飲食店ではなく別の事業をしようと本気で思った時期がありました。
 飲食店は今後伸びていく事が出来ないのでは?と思ってしまったんですね。実際に次の事業へ切替をしようと、赤いトマトを2ヶ月間休店しました。この時期は、精神的に肉体的にも一番大変だったと思いますね。
 その時に、メヒコ(※)の当時の社長(創業者)である徳永さんに「お店を辞めようと思う」と相談しました。すると徳永さんが是非もう一度飲食業で挑戦しないか?と言ってくれたんです。当時のメヒコさんは売上百億円を目指して多店舗展開をして頑張っておられた時期でしたし、飲食業の大先輩である徳永さんに言われた言葉でもう一度やってやると言う気になりました。
 そこから一年発起して店名も改めエル・トマをオープンするに至りました。
 あの時の助言がなければ現在の私は無かったと思いますね。いわきがんばる社長駅伝 第5回ご登場 庄司秀夫社長
(※)メヒコ・・・昭和45年設立のシーフードレストラン、46年にいわきフランミンゴ館を開店し現在は、12店舗を運営している。 ▲質問項目一覧へ戻る
Q7.社長の中で震災前と震災後で考え方等、何か変わった点はございますか?
 震災前から取組んではいたのですが、環境問題(エコ)に関しての考え方ですね。
節電や節水の面でもしっかりと取組んでいきたいと思っています。
 また、震災前は仲間意識や家族意識が然程強くは無かったと思うのですが、震災をきっかけに自分から人の輪の中に入っていく様になりました。
  それと変わった点ではないのですが、震災を期に更に女性の強さを再認識する様になりました。
何かあった時は、男性より女性の方が腹が据わっていると言うか強いですね。笑
Q8.震災後福島県では原発という大きな問題があります。食材を扱われている庄司社長にとっても風評被害の影響は大きいかと思うのですが、この様な状況下で社長が考える独自のいわき市“復興のビジョン”をお聞かせ下さい。
 国・県・市が一体となって地産地消を目指し地元の食材を積極的に使っていくと言った取組みをし始めた矢先の出来事でしたので大変残念でなりません。
 賛否両論あると思いますが、地元産の物は自分で食べるには良いのですが食材を扱う身としては、お客様へ提供する事は出来ません。
やはり安心・安全な食品を提供する事が第一ですので全ての食材の産地を明記する様にしています。
これは長期的な問題ですから一部の感情ではなく大きな視野で全体を見渡したいですね。
復興に関しては、教育・医療・エネルギーの面で特区を設けて強制的に雇用を創出する事が重要だと思っています。 今までのいわき市は、海・山・温泉等素晴らしい環境があり観光地としても栄えていましたが今後はその様にはいかなくなると思います。ですから強制的に雇用を作っていく事は復興には欠かせないキーワードだと思います。
 長期的なスパンで予算を組んで取組む事が必要になると思います。 いわきがんばる社長駅伝 第5回ご登場 庄司秀夫社長
Q9.庄司社長が飲食業界で創業するきっかけはどの様な事だったのでしょうか?
 当時私は学生で横浜に住んでいたのですが、中学時代の同級生で卒業後すぐに調理師になった友人が吉祥寺のレストランで働いていたので食事にいきました。とても美味しい洋食のお店で感動した事を覚えています。
その後、友人が当時銀座にあったソニービル8Fのお店へ連れて行ってくれたんですね。
そこで生まれて初めてボンゴレを食べました。
 当時いわきでは、ミートソースとナポリタンしかなかったので、そのアサリのスープがしみ込んだ絶品のパスタを食べた時に「このパスタをいわきでも食べて貰いたい」と思った事が飲食業で創業するきっかけです。
 最初にオープンした赤いトマトは当時いわきでは初めての茹であげの店だったと思います。
Q10.社長が考える、事業の継続、発展にとって重要な要素はなんでしょう。
 何よりも『人材』ですね。
次に発想(アイディア)だと思います。 先を見る力と言えるかもしれませんね。
ここで難しい事は、その土地柄にあった時代性があると言う事です。
東京で流行っているからと言ってもいわきでそうなるかと言えば違ったりする訳です。
余り先過ぎてもいけませんし、今ある物では遅すぎる。 消費者のニーズを的確に捉える事が大事です。
そして最後には信用を得て信頼される様になる事が重要ですね。
Q11.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか?
 そう言われるとハニーズの江尻社長はじめ周りにいる素晴らしい経営者の方々の名前を全て挙げたくなりますね。 その中で、あえて言わせてもらうのでしたら飲食業界での先輩で、メヒコ創業者の徳永さんですね。
 私はこの方の助言で救われました。
それから、澁澤榮一氏(※)ですね。 澁澤さんについては皆さんご存知でしょうから割愛させて頂きます。
(※)澁澤榮一・・・幕末から大正時代に活躍した武士であり、官僚であり、実業家。 ▲質問項目一覧へ戻る
Q12.様々な要素があり一概には言えない部分もありますが、あえてあげるとすれば経営する上で庄司社長が考える一番重要な要素はなんでしょう。
 当たり前の事ですが、利益を追求する事は大事です。
 尚且つ、社会性がある事が重要ではないでしょうか。 その両方のバランスはとても大事だと思います。
Q13.一つの職場で、長く働く従業員と長続きしない従業員がいると思います。一つの要因としては職場の環境があると思います。多店舗経営をされている庄司社長は職場での働きやすさ等何か取組んでいる事はありますか?
 以前は、飲食業は汚くはありませんが3Kの様な時期がありましたね。
昼と夜があり、その前には仕込みもある。 とにかく従業員の拘束時間が長かったと思います。
当店では、なるべく短い拘束時間にしてシフト制で土日も休める様にしています。また、各店舗ごとのコミュニケーションを大事にして、何事もチームワークを重視して働く体制にしています。 重要な事は徳のある人間を責任者に据えると言う事ですね。
Q14.社長が日常の生活で心がけている点をお聞かせ下さい。
 仕事の面で言えば常にアンテナを立てている事です。また、あらゆる情報をキャッチしたら実際に見に行ったり、体験してしまいます。百聞は一見にしかずですから。
 エル・トマをオープンさせる時も実際にスペインへ行きましたし、今でも気になる事は自分の目で見て判断する様にしていますね。いわきがんばる社長駅伝 第5回ご登場 庄司秀夫社長
Q15.いつの時代もどの様な状況でも起業される方はいらっしゃいます。先輩経営者としてこれから起業される方への何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。
 起業する時は、目的が大事だと思います。
 “何の為に起業するのか”この核の部分がしっかりしていなければ駄目です。
それから目標を持って進む事が大事ですね。常にチャレンジ精神を持って頑張ってもらいたいですね。
やってみなければ何も分かりませんからとにかくトライしてほしいですね。
Q16.社長の今後の“夢”をお教え下さい。
 個人的な夢はあまりないのですが。笑
いわき市が以前の様な住みやすい町になる事ですね。
沢山の雇用を生んで活気のある町になって欲しいと願っています。
 お店の方は、スペインに逆上陸して日本の味でお店を出すのも面白いですね。笑いわきがんばる社長駅伝 第5回ご登場 庄司秀夫社長 
Q17.このがんばる社長駅伝では、いわき市を拠点にがんばっている素晴らしい社長様方の言葉を全国へ発信していこうと考えています。
このサイトをご覧になっている全国の読者の方々へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 今、被災地であるいわき市は日本全国、また世界の方々から支援して頂いています。 本当に感謝しています。
 ボランティアで来てくれている大勢の方や物資を送ってくれた方々、心からありがとうとございます。
 将来復興して何かしらの恩返しをしたいと思っています。
Q18.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第6回 庄司秀夫社長 座右の銘「温故知新」
庄司社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 武田社長からタスキを渡された庄司社長ですが、話していて感じた事はとても利他の精神を持った方だと言う事でした。事業にしても社会性にしても良くバランスのとれた経営をされていると感じました。

 ご自身の事業の他に鹿島地区商店事業所会の会長も務められています。以前は、148店舗が加盟されていたのですが震災の影響もあり現在は95店舗との事。

 今後いわきが復興して以前の様な活気ある町になればと言う庄司社長のお話は、創業から32年の間に様々な経験を積んできた者にしか分からない重みを感じさせる内容でした。

2011年8月19日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る