いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第4回ご登場 武田友紀社長 株式会社 アイエムテー 武田友紀社長
事業内容無印良品(いわきラトブ店・エスパル福島)の経営
社長への質問項目一覧
Q1.あすか社会保険労務士法人の菊地社長から社長駅伝の“タスキ”をお渡し頂きましたが、菊地社長とはどの様なご関係でしょうか?
 元々別の事業をしていたのですが、同時期に出入している会社の社長から紹介されて知り合ったのが
最初ですね。
 その時からのお付き合いになります。今から17~8年前の話になります。
Q2.御社の沿革について簡単にお聞かせ下さい。
 元々、我が家では陶器店を営んでいました。
 創業は明治37年ですから今から105年前になります。
 現在私で4代目になります。高校卒業後、東京で他業種の仕事についていたのですが、当時社長をしている母だけに任せておくわけにもいきませんでしたので帰郷し私が跡を継ぎました。
 当時、陶器店の他にタイル等の建材の販売から施工等の事業もしていました。陶器から始まり業務用に特化した食器や厨房機器等の販売も始め、結婚式場やホテル、レストラン、デパート等幅広く展開していました。当時はいわき市でのシェアが70%程度あったと思います。現在は、一部事業を撤退、譲渡しているものもあります。
 無印良品の事業は昭和62年から他の事業と並行して別会社にて行っていたのですが今はこちらを中心に行っています。 いわきがんばる社長駅伝 第4回 株式会社アイエムテ- 武田友紀社長
Q3.御社の業務内容に関してお聞かせ下さい。
 以前は様々な事業を複数の会社で手掛けていましたが、現在は無印良品をいわき市のラトブ3F(※1)
エスパル福島4F(※2)で経営しています。
 当社の無印良品はフランチャイズとは異なり、ライセンスストアと言う位置づけになっています。
(※1)ラトブ・・・いわき駅前再開発ビル
(※2)エスパル福島・・・福島駅前ショッピングセンター
▲質問項目一覧へ戻る
Q4.3月11日の震災の日は、武田社長はどこにいて何をなさっていましたか?震災直後、一番最初にどの様な行動をされましたか?
 あの日は、車で小名浜方面へ向っていました。その途中であの地震がありました。ハンドルのコントロールも出来ない位揺れましたから本当に凄かったですね。
 暫く地震が治まるのを待って、いわき市平のラトブ店が心配でしたので直ぐに引き返しました。着いてみるとラトブの従業員は全て外へ避難している状態でした。まずは、ラトブ店スタッフの安否確認をし(休んでいる従業員も含め)、その後エスパル福島店のスタッフも同様に安否確認をしました。とても片づけなどをしている状況では無かったので、その日は従業員には帰宅してもらいました。
 その後私も帰宅したのですが、家の中は物が散乱している状態であまりにも酷く地震の大きさを物語っていましたね。 いわきがんばる社長駅伝 第4回 株式会社アイエムテ- 武田友紀社長
Q5.今回の震災での具体的な被害と被害額が分かればお教え願えますか?また、どの位の期間で通常営業に戻る事が出来たのでしょうか。
 具体的な被害としては、商品・重機関係で約300万円程度です。ですが3月は年間を通しても売上が非常に良い月にも関わらず震災の影響で、通常時の3分の1になってしまいました。これは非常に大きいですね。また、避難した従業員も多数いましたのでオープン出来ない時期がありました。通常営業に戻れたのは、いわきも福島も3月30日からでした。
 営業出来ない期間の売上を入れれば相当額の損害が出ていますね。
Q6.社長の中で震災前と震災後で何か考え方等、変わった点はございますか?
 この震災があってから、将来を見据えた考え方と言うものが出来にくくなりました。
 様々な機関から発信される情報が本当なのか?信用性と言う面でも将来の展望が描きにくくなった事は確かです。
 また、いわき市からの転出、転入の人口の構成等、地域に密着した商売をしていると以前よりも気になる事が増えましたね。
Q7.震災後福島県では原発という大きな問題もありますが、この様な状況下で今まで様々な事業を手掛けてきた社長が考える独自のいわき市“復興のビジョン”がありましたらお聞かせ下さい。
 今までいわき市の商圏は非常に広かったと思います。悪く言えば拡散している状態でした。
 ですが、この震災で非常に商圏としては狭くなった様に思います。それでもいわき市は広い面積を持った市ですから、どこか1か所に集約する事は難しいでしょうが今後はコンパクトな街づくりをする必要性を感じています。例えば今までは10か所あったエリアを7か所にする等の取り組みですね。コンパクトにまとめた街づくりは、今後の高齢化社会ではお年寄りにも優しい街になると思います。この震災を期に進めていければ良いのではないかと感じていますね。 いわきがんばる社長駅伝 第4回 株式会社アイエムテ- 武田友紀社長
Q8.御社は創業されてから105年ととても永い間商売をされていますが、社長が跡を継いでから現在まで一番困難だった事をお聞かせ下さい。
 現在は様々な変化をしている時代ですから、その中で時代の先を見据えた事業の方向転換も必要になってきます。
 当社で言えば平成12年からの3年間に大口のお得意先が何社も立て続けに倒産してしまいました。その時期から当社でも大小様々な事業の転換をしてきた様に思いますね。人は良かった時のイメージは強く残るものですから、中々違う方向へ舵をとる事は難しいものです。ですが、その時期を逃すと会社自体の存続もあやうくなります。いつの時代も経営者は時代の先を見据えた事業計画は持っておくべきでしょう。
Q9.武田社長は4代目という事ですが事業を継承する際の良い点、逆に難しい点をお聞かせ下さい。
 まず、事業継承で難しい点と言えば、好きではない事でもやらなければいけないと言う事ですね。決まっている事をやっていく事は難しいものです。嫌々やっている部分がどこかにあったのかもしれませんね。私も跡を継いだ当初は数々の失敗も経験しました。
 小さな失敗で気付く事が出来れば大きな損失にはなりませんから良いと思います。トライ&エラーですね。良い点と言えば何より、先代も含め何十年も築き上げてきた信用が初めからある事です。これは非常に大きいと思いますね。
 自分で始められる方は、好きな仕事が出来る事が良い部分でしょうね。好きではない仕事で起業する人はあまりいないでしょうから。ですが、信用力、資金力、人の問題等、継続していくには乗り越えていかなければいけない問題が多い事も事実ですね。どちらにしても一長一短ではないと言う事です。
Q10.何故、無印良品を経営しようと思ったのでしょうか?
 当時は、タイル事業を撤退してその他にも止めようと思っていた事業がありました。 そんな時に東京へ行った際、池袋の西武百貨店にあった無印商品を見てこのお店は良いと 直感的に思いました。
 直ぐにその会社へ連絡して出店出来ないかを聞いたのですが、その当時はその様な事(ライセンスストア)を考えていないとの返事でした。 ですが、中々諦める事が出来ずに半年後にまたトライしたんですね。
 すると御社の資料を送って下さいとの返事を頂きその後出店する流れになったんです。
 一言で言えば一目ぼれの様なものでした。
 その後の無印は全国へ規模を広げ皆さん御承知の通りの会社へ成長していきました。 いわきがんばる社長駅伝 第4回 株式会社アイエムテ- 武田友紀社長
Q11.様々な要素があり一概には言えない部分があると思いますがあえてあげるとすれば経営する上で武田社長が考える一番重要な要素はなんでしょう。
 やはり“人”でしょうね。
 何事も一人では出来ません。
 従業員には、持てる力を発揮してもらい全ての人材が気持ち良く働ける環境を提供する事でしょう。独りよがりの経営では中々伸びる事は出来ないのではないかと思います。
Q12.起業する事は簡単に出来ると思いますが継続する事、更には発展する事は非常に難しい事だと思います。社長が考える企業を継続・発展させる為に必要なキーワードはありますでしょうか?
 私はどちらかと言えば数多くの失敗をしましたから、あまり参考になるのか分かりませんが、とにかく“やってみる”事だと思いますね。
 とにかくやらなければ何も始まりませんからね、今の自分があるのも全て思った事、考えた事を"やってきた"からだと思っています。
 継続する為にはどんな事が必要か徹底的に考えたらそれをやる事です。発展する為に必要な事を思いついたらそれもやる事です。まずは何事も行動力を持ってやってみる事でしか分かりません。
 そこは綺麗事ではない様な気がしますね。
Q13.景気がどの様なものであってもいつの時代も多くの方々が起業をしています。武田社長が考える成功する人と失敗する人の一番の違いはなんだと思いますか?
 なんとかすると言う“執念”を持っているかいないかではないでしょうか。
 執念と言うのは、事業の目標とでも言い換えられるかもしれません。
 執念や一つの物事への執着心があるかないか?これは成功というキーワードを考えた時に大きな違いになると思います。
Q14.社長が日常の生活で心がけている点をお聞かせ下さい。
 昨年、腰を痛めて思う様に動けなかった時期がありましたので健康維持には注意しています。
 健康で無ければ良い仕事も出来ませんからね。
 人間基本は健康です。本当に健康は大事だと痛感しました。 いわきがんばる社長駅伝 第4回 株式会社アイエムテ- 武田友紀社長
Q15.この様な不景気の中でも起業される方は多くいらっしゃいます。これから起業される方への何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。
 良い人材を作っていく事ですね。事業を継承出来る様な人材の育成にも力を入れていきたいですね。 個人的な夢という観点は今はこれと言ってないかもしれませんね。笑
Q16.このがんばる社長駅伝では、いわき市を拠点にがんばっている素晴らしい社長様方の言葉を全国へ発信していこうと考えています。
このサイトをご覧になっている読者の方々へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 私達が若い頃は、色々な勉強をする為にお金を払って、時間を使ってと言った余裕があったと思います。
 ですが今は中々その様な余裕が無い様に感じますね。
 その中でも経営なら先輩経営者の生の声を聞く事。経営でなくても人生の先輩から様々な話を聞く事は非常に大事です。本を読む事もそうですが自己を啓発するしかないと思います。その過程で人間として成長出来るのではないかと思います。
 人間日々の生活が勉強です。 共に成長していきましょう。
Q17.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第4回 武田友紀社長 座右の銘「やらぬよりやっての後悔」
武田社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 今までこの様な形での取材は殆ど断ってきたと言う武田社長でしたが今回は、震災があり少しでもいわき市の
現状や風評が少なくなればとの考えから取材をOKして頂きました。見た目には優しい紳士と言ったイメージの
武田社長。
 実際にお話しさせて頂いてもとても紳士な方でした。30年以上経営者として培われてきた感覚で様々な事業を
手掛けてきた武田社長ですが、当時無名に近かった無印商品と契約し現在では知らない人がいない程のビックネームになった事を見ても先見の明があったと言えるでしょう。

2011年8月5日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る