いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第3回ご登場 菊池秀明社長 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長
あすか社会保険社労士法人】事業内容就業規則及び各種規程等 作成・変更、社会保険・労働保険手続、各種助成金診断・申請、採用適正診断(CUBIC)、人材派遣・紹介業許可・申請代行、労働トラブルの解決と特定社労士 等
あすか社会保険社労士法人 公式サイト あすか社会保険社労士法人 会社概要
社長への質問項目一覧
Q1.相馬屋佐藤社長から社長駅伝‘タスキ’をお渡し頂きましたが、佐藤社長とはどの様なご関係なのでしょうか?
 当社は株式会社相馬屋様の顧問社労士をしております。 そう言った意味では、お客様と顧問社労士と言った
ビジネスの関係ですが、地元が同じ小名浜と言う事と同級生(同学年)と言う事もあり以前から佐藤社長の事は
存じ上げていました。
Q2.御社の沿革について簡単にお聞かせ下さい。
 元々、大手製薬メーカーの人事労務部門に勤務しておりましたが、16年程前に社労士事務所を開設しました。
今から3年前に法人化しいわき市を本社に東京と大阪に支店を持っています。
Q3.3月11日の震災の日は、菊地社長はどこにいて何をなさっていましたか?震災直後、一番最初にどの様な行動(指示)をされましたか?
 いわき事務所で仕事をしていました。その時に突然、全員の地震警報がなりました。当然初めての事で、
今までこの様な事は無かったので驚きましたね。働いている社員全員で建物の外へ避難しました。
 地震直後は、スタッフの安否確認と水の確保を一番にしました。
 クライアント企業へ行っている社員で安否確認がとれない社員が一名いました。私は、安否のとれない社員が
居ましたので震災当日は会社に一泊しました。
幸い次の日には、伝言ダイヤルで安否確認がとれたので良かったです。
 また、地震の後には帰れる社員から順次帰宅させました。 いわきがんばる社長駅伝 第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長
Q4.自社スタッフは勿論ですが、震災後はクライアント企業の被害状況や安否等を心配された事と思います。いわきではインフラ機能が麻痺していましたが、御社ではどの様な対策をとられたのでしょうか?またどの程度の期間で通常の業務に戻る事が出来ましたか?
 震災後にクライアント様に対して適切な指示系統を出せる様にする為、3月14日からスタッフ1名をいわき事務所に残して、他のスタッフが東京へ移動し東京事務所で通常通りの業務を行いました。
 この時一番時間のかかった作業は、全クライアント様の安否確認です。
全てを終えるには数日間の時間がかかりました。
 3、4月は経営者にとってとても厳しい時期だったと思います。特に従業員を多く抱える企業にとっては大きな打撃を受けました。当社にも今後どの様にすれば良いかと相談に来られる社長様が多かったのですが、阪神淡路大震災の時に出た特例の話をし、従業員の解雇をしない様に話しました。解雇してしまうと企業自体が無くなってしまう可能性がありますし、復旧復興が遅れてしまいます。
 私も23日からいわき事務所へ戻ってこの事務所で説明させて頂きました。23日から3週間の間に当社のクライアント企業の他に約200社のお客様が来られましたので私もその対応に追われていました。
Q5.御社が開業されてから今年で16年目ですがこの期間には多くの困難な事があったと思います。今まで一番困難だった事、またその困難をどの様に乗り切ったかをお聞かせ下さい。
 当社自体が困難と言った事はあまりありません。と言うのもお客様の困っている事について一緒に悩んで、一緒に考えて、一緒に解決する事を開業から一貫してやってきているからです。
 価値観としては『with』共にあると言う事ですね。
Q6.社長の中で震災前と震災後で考え方等、何か変わった点はございますか?(仕事でもプライベートな点でも結構です)
 私自身の中で変わっている事はないと思います。ですが、前より強く思っている事は
“今だけ”、“自分だけ”、“お金だけ”と言う考えではダメだと言う事ですね。
 共に繁栄すると言った精神が今後は更に重要になるのではないでしょうか。
 それともう一点、震災後から怒らない様になりました。(笑) もう、怒っても仕方ありませんから。
これは従業員だけはなく全ての事においてですね。
Q7.震災後福島県では原発という大きな問題もありますが、この様な状況下で社長が考える独自のいわき市‘復興のビジョン'がありましたらお聞かせ下さい。
 これは震災当初、3月中からお話しています。いわき市を福島第一原発の収束の為のベース(基地)にするという事です。 また、双葉郡からいわき市へ避難されている方々を温かく迎えてあげる事はとても重要です。
その様な避難されて来られた方々と共に、いわき市を拠点にして双葉郡の復興をどんどん進めていく事。
そうすれば周りの人、企業、自治体もいわき市を応援してくれると思います。
 誰かに助けてもらうのではなく、自分から前に進んでがんばる姿を見せる事でその姿を見た方々が背中を押してくれる様になるのではないかと思います。 いわきがんばる社長駅伝 第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長
Q8.御社は何度か社名の変更がありましたが、現在のあすか社会保険労務士法人と言う社名の由来をお聞かせ下さい。
  “あすか”とは元々奈良に都である“あすか”からとっています。 日本の始まりは奈良のあすかであると思っていますのでそこからスタートするのは良いと思った事がきっかけです。 また、あすか(名刺に入っているシンボルマーク)は鳥にも見えますので、お客様と共に高く飛んでいく(繁栄する)事が出来るイメージからもとっています。
 実は、もう一つ理由があります。
 この会社は大阪事務所と合併して出来たのですが  その際に大阪事務所の方が“あすか”が良いのではとの話をされました。 私も同じ様に“あすか”が良いと思っていたのでスムーズに社名が決まったという経緯があります。
Q9.菊地社長が創業するきっかけはどの様な事だったのでしょうか?
 当時、大手製薬会社の本社に勤めていたのですが父が病気になり、いわきへ転勤させて頂きました。
その後5年いわきで働いたのですが、転勤5年ルールがありますので自分で独立してやってみようと思った訳です。
 今思えば安易な考えですね。 笑
Q10.御社の業務内容の一つに『採用適性検査(CUBIC)』があります。事業の発展や安定経営には人材の育成が不可欠ですが、このCUBICについてお聞かせ下さい。
 CUBICは元々、慶応大学が中心になって作られた適性検査です。
 面接ではやる気がある、長く働く等は正直分からないものです。実際、面接の時は本気でそう思っているので、おどおどしたり視線がぶれたりと言った表情の変化は余りありません。
 同じ働くと言った行為でもお金の為に仕方なく働くのか、この仕事が好きで向上心を持って働くのか?
この違いは1年の間に大きな差となってしまいます。 その様な働く人にとっても、受け入れる企業にとっても良い人材を確保する為に適性検査をする事はとても良いと思いますね。 いわきがんばる社長駅伝 第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長
Q11.社長が思う尊敬出来る経営者はいらっしゃいますか?
 今回の震災で改めて凄いと思ったのが、株式会社渡辺組(本社・いわき市湯本)の渡辺弘社長です。
震災後も渡辺組が持っている布団等を直ぐに寄付しています。 その素早い行動には敬服しますね。
また、20代の頃私の価値観を作ってくれた当時直属の上司だった三浦さんという方も尊敬しています。
あの当時、三浦さんから教わった事は今でも役に立っています。
 自分にとってのメンターを持つということは非常に重要です。
私の周りには本当に数多くの尊敬出来る経営者の方々がいると思いますね。
Q12.様々な要素があり一概には言えない部分があると思いますが、あえてあげるとすれば経営する上で菊地社長が考える一番重要な要素はなんでしょう
 勿論企業として利益を上げていく事はとても大事な事ですが、最終的には、経営者が自分の周りの人たちを幸せにすると言う目標を持っているか?ということに尽きると思います。
Q13.採用から育成まで様々なタイプの‘人'を数多く見られてきた菊地社長ですがその道で成功する人と失敗する人の一番の違いはなんでしょう?
 成功する人は、前向きである事。 非常に素直である事。 全ての場面で努力している事。
責任自分論(責任は全て自分にある)。 覚悟を持っている事でしょうか。 
 また、逆に成功出来ない人は、責任他人論(責任を他人のせいにする)ですね。 自分だけ、今だけ、お金だけと
全てを人やモノや環境のせいにしているうちは成功する事は難しいのではないでしょうか。
Q14.社長が日常の生活(プライベート)で心がけている点はありますか?
 生きると言う事は楽しむ事だと思っています。 私はプライベートでは興味の幅が広いでの興味を持ったものは、広く浅くとにかくやってみる事にしています。 一番楽しくて打ち込める趣味と言うとやはり仕事ですね。
仕事が最高に楽しいものだと思っています。
また、人との関わりでも常に楽しい状況を作っていけるよう心がけています。
Q15.この様な不景気の中でも起業される方は多くいらっしゃいます。これから起業される方への何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。
 3年後、5年後をしっかりとイメージして絵を描く事です。絵を描いたら逆算して1年目にはこれ、2年目にはこれ
3年目4年目には何をしていなければいけないか?を逆算して物事を考える事です。
 成功する人は行動が早いですし、ある種の運も持っていますね。運を自分で手繰り寄せる事が出来る人は人よりも確実に努力しています。 とても不安になる事があると思いますが、それでも頑張ってやるしかありませんね。 いわきがんばる社長駅伝 第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長
Q16.社長の今後の'夢'をお教え下さい。
 毎日を楽しく過ごす事が一番ですね。 仕事での夢は3年後、5年後にどうなっているかは明確にイメージ出来ています。 また、常にお客様にとっての地域一番店でありたいと思っています。
Q17.このがんばる社長駅伝では、いわき市を拠点にがんばっている素晴らしい社長様方の言葉を全国へ発信していこうと考えています。
このサイトをご覧になっている読者の方々へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 この震災を通して感じた事は、今こそ自分に与えられた役割をきっちりと全うする事だと思います。
少しでも明るいイメージを作って、周りの人たちに大丈夫だと言える事がとても大事だと思います。
どんな時でも希望を持って前に進んでいきましょう。
Q18.最後になりますが、社長の座右の銘をお教え下さい。 いわきがんばる社長駅伝第3回 菊地秀明社長 座右の銘「WITH~共にあること~」
菊地社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 いわきがんばる社長駅伝、第三回目にご登場頂いたのは、数多くの地元優良企業をクライアントにもつ、
あすか社会保険労務士法人の菊地社長です。

 1996年の事務所開業から一貫してお客様の困り事を共に悩み、共に考え、共に解決し共に成長し繁栄する。
 『with』の精神は、事業を行っていくうえでも人間として成長する為にも重要な要素だと感じました。

 震災後の今この時こそ『with』の精神は必要なのではないでしょうか?

 また、その道のプロとして難しい話を様々な例え話を織り交ぜてとても伝わりやすくお話されていた事にも
大変関心させられました。

2011年7月29日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る