いわきがんばる社長駅伝

大震災の被災地でもあるいわき市を拠点にがんばっている、全国に誇れる社長からの元気になるメッセージを毎週金曜にご紹介!※祝祭日に重なった場合更新は次週となります。

トップ コンセプト お問合わせ リンク サイトマップ
第1回ご登場 江尻義久社長 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
株式会社ハニーズ】事業内容ヤングカジュアル婦人服、身装小物、雑貨などの販売ならびに企画開発
株式会社ハニーズ 公式サイト 株式会社ハニーズ 会社概要
社長への質問項目一覧
Q1.3月11日の震災の日は、江尻社長はどちらで何をなさっていたのでしょうか?
 車で小名浜へ向っている途中に地震が起きました。もの凄い地震だったので直感的に津波の心配をしました。 その後ラジオの速報でも6mの津波がくると言っていたので大変な事になると思いました。
その時に植田方面(南の方角)で凄い稲妻が見えました、誰に言っても見た人がいなかったのですが私は確かに見ました。もの凄い雷でした。その後急に空も曇ってきて雪が降ってきました(小名浜~鹿島地区)。
向っていた小名浜からUターンして鹿島の本社へ向う途中の車内のラジオでは津波の高さが10mに変更されました。

 多くの従業員がいる企業のトップとして、常に危機管理に関しては細心の注意を払っている事が今回の震災において津波等の危機から逃れる事が出来たのではないかと思っています。 実際にあの大きな地震があった時には咄嗟に避難しなくてはいけないと思いました。私は小名浜で育ったので隅から隅まで小名浜の事は熟知しますが、東警察署の坂を上った所まで来てやっと安心する事が出来ました。やはり今回の震災で"瞬間の行動"が大事だと思いましたね。

 全く予期しない地震が起きましたが、瞬間的に道を引き返す等、日々の考えからどの様な時にどう行動するか?
 最善の方法は何か?この震災でもその考えが活きた様に思います。
Q2.会社に戻られた時はどの様な状況でしたでしょうか?
 会社に戻ってみると新館内部の天井の約9割が落ちていました。地震の際は、商品部門の人数の数百名いる従業員を責任者が適切な指示を出して誘導したので誰も怪我をする事なく難を逃れる事が出来ました。
今回の震災やその後の余震で若い方は相当な恐怖を感じたのではないでしょうか?
Q3.震災後、具体的にどの様な事を指示されていたのでしょうか?
 震災の翌日(土)は、月曜からの営業をするつもりで、従業員と社内の片づけをしていました。電話も繋がらない状況でしたので日曜は休んで月曜にまた仕事が出来る様に片づけ等をして万全の状況で仕事が出来る様に整えました。その日の午後に起きた第一原発での水素爆発で状況は一変してしまいましたね。
Q4.水素爆発の危険も含め、いわき市の通信機能(ライフライン)は壊滅的な状況でしたが、社長はずっといわき本社から指揮をとっていたのでしょうか?
 3月15日にいわき市鹿島の本社から私を含めたほぼ全ての幹部が東京へ移りました。 15日に車で東京へ向ったのですが到着まで10時間以上もかかり大変でした。 東京へ行った理由は、いわきでは本社機能が麻痺していたので指示系統が思う様に機能しないと考えたからです。それ以降、仕事の指示は一時的に東京へ本社機能を移転する形をとって行っていました。
Q5.いわき本社での仕事が再開されたのはいつ頃からだったのでしょうか?また、市内ではガソリン不足や断水の問題で仕事も出来ない会社が多数ありましたが御社ではどうされたのでしょうか?
 3月23日からいわき本社が稼働しました。従業員や役員も大半が戻り、ほぼ通常の形で仕事を再開する事が出来ました。あれだけの大震災を考えるといち早く稼働する事が出来たと思っています。 ガソリン不足と断水は重大な問題でしたね。いわき市でも本社のある鹿島地区は断水の解消が一番遅い地域でした。更に3月11日から1ヶ月後の4月11日も震度6の地震があり、停電そしてやっと通水した所での断水とマイナス要因が重なりましたが当社では何とか従業員全員が力を合わせて乗り切る事が出来ました。
  ガソリンに関しては、東京にあったガソリン携行缶で対応する事が出来ましたが、断水に関しては、従業員の数も多いのでトイレで使用する水がない事に往生したのですが、幸い本社にある噴水池の水、物流センターにあるプールの水を使用してこの難を乗り切る事が出来ました。
Q6.御社は、商品の企画・決定から店舗へ並ぶまで40日と言う圧倒的なスピードを実現しています。それには物流センターの充実があると思います。物流に関してはこの震災でどの様な影響があったでしょうか?
 3月は当社にとっても売上が上がる時期で鹿島にある物流センターには35億円分の新商品の在庫がありました。提携している運送業者も稼働する事が出来ない状況で、このままの状態が続くと最新の状態で店頭に並ぶはずの商品が時期遅れになり使えなくなる心配がありました。それは何とか回避する事が出来ました。
 全国の店舗への発送は、中国にある物流センターからダイレクトに全国の店舗に1店別で梱包された商品が発送出来る形をとっている事が結果的に震災の被害も最小限に止める事が出来たと考えています。
 ところが、震災の影響で東北、北海道にはコンテナが届きませんでした。特に北海道へは 東北道を使っての輸送となる為に届ける事が出来ません。ですので北海道への商品は全て空輸で送りました。コストは通常時とは比較にならない程の金額でしたが商品を絶対に店舗へ届けるという使命感から空輸を選択しました。
Q7.御社は、国内850、中国に200を超える店舗を有しています。 国内で震災の影響があったと思われる東北地方には店舗数はどの位でしょうか?また、その中で具体的に被害にあわれた店舗はどの位あったのでしょうか?
 東北地方の店舗数は90店舗です。これは国内の約1割の店舗にあたります。その中で一時的に営業出来なくなった店舗が約50店舗です。直接的な店舗破損等の被害額は1億5千万円です。また、営業出来なかった期間等の売上の損失は20億円以上です。確かに大きな損失と言えるかもしれませんが、全体の売上から見れば約5%ですので大きな問題はありませんでした。
Q8.社長の中で震災前と震災後で考え方等で何か変わった点はございますか?
 確かに多少は変わった部分はあるのかもしれませんが、上場企業のトップとして2000人の従業員と株主の方々、更には中国では200店舗にまで店舗数も拡大している状況で全ての方々への責任がありますから、考えを変える事は中々出来る事ではありません。
 例えばですがこの様な状況だから仕事を休んでいる方もいらっしゃると思います。
 それが悪い訳ではありません、実際に仕事が出来ない現状があるのかもしれませんし。
 ですが私はその様な事は出来ません。止まった機能や稼働出来ない店舗があれば1日も早い復旧を目指して前に進む事を考えるだけです。そこにあるのは企業トップとしての使命感です。
Q9.この震災が残した傷跡は非常に大きいと思います。社長が考えるいわき市‘復興のビジョン'等がありましたらお聞かせ下さい。
 中々難しい質問ですが、この様な状況では中小企業は大変な状況下にあると思います。財務的にもまだまだ弱い中小企業を助ける様な政府の対策が一番重要ではないでしょうか。ここには当然震災で職をなくした方などの雇用創出も重要になってくると思います。また、短期的な構想も作った上で、5年先、10年先の中長期的なビジョンも作らなければいけません。被災して避難されている方々が希望を持てる様な構想でなければいけませんね。 
 また、どの様な状況下でも特効薬はあり得ませんから、皆さん個人が一つ一つ努力してがんばって乗り越えるしかないでしょう。勿論国をはじめ行政の助けは必要だと思います。 与えられた条件の中でベストを尽くしてその条件を自ら変える事しかないのだと思います。
  それともう一つ重要な事は、効率の良い努力です。
 無駄な努力をしても意味がありませんから、効率良く結果に結びつく努力が必要でしょう。
Q10.震災以降、大変なご苦労があったと思いますが休日などはどの様に過ごされているのでしょうか?
 私は震災以降1日も休まずに働いています。
一時、本社機能を東京へ移している際もそこから指揮をとり、時間を見つけては関東圏の店舗視察をしていました。
関東だけでも250店舗ありますので全てのお店の視察にはかなりの時間を有しました。ですがこの大変な時期に
がんばっている従業員の事を思えばトップとして当然の事だと思っています。
Q11.御社が取組んでいます、チャイナ+1(ワン)体制ですが、具体的な候補として挙がっている国はありますか?
 現在ミャンマーに800人態勢の協力工場を建設中で8月1日の稼働を目指しています。 使用する機械に関しても、自動裁断機等最新鋭の機材を導入しています。 農業国であるミャンマーに工場を建設し、雇用を創出する事でお互いにとって良い環境、状況が生まれると考えています。 また、今後もこの体制が整った時点で更に大きな工場建設の計画もあります。 現在本社内にある縫製技術をミャンマーに移そうと考えています。
Q12.御社の経営理念の一つに、『新しいお客様を創造』することとあります。 全ての経営者が聞きたい事だと思いますが、社長が考えるお客様の創造とは具体的にはどの様な事でしょうか?
 そのエリア内で同じ事をしていればお客様も飽きがきますし必ず先細りになると思います。そう言った意味で常に新規のお客様に買って頂ける店舗作り、商品作りを目指しています。“まとも”なビジネスをしていれば口コミも広がるでしょう。その意味で当社が念頭に置いている事は、高感度・高品質・リーズナブルな商品をいつも変わらずに提供していれば新しいお客様も増えていくと言う事です。常に時代の流れを敏感に感じ取っていなければいけないでしょう。
 日本では婦人服を販売していますが、中国では新たにメンズ服の販売も始めました。また、中国では新たに
今期1年で150店舗増やす予定です。 いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
Q13.これだけ大きな企業を作り上げるまでには大変なご苦労もあったと思います。
 今までで最も困難だった事をお教え下さい。また、その困難をどの様に乗り越えられたのでしょうか?
 創業当初100店舗、100億円、15年という期間で達成すると目標を設定し78年にスタートしました。
丁度93年(目標の15年で)にこの目標は達成する事が出来ました。 この間、幾多の困難な状況がありましたが、最初の目標を忘れずに常に意識する事で、この目標を達成する事が出来たのだと思います。 
ですが、バブルの崩壊とともに業績が徐々に悪化し93年~95年の3年間、赤字決算を出しました。当社の赤字決算はこの3期のみです。 この時は、全く先の読めない状況で当社が経験した中でも一番大変な時期だったと思います何もしないで状況が変わるのを待っていても始まりませんから、この困難を乗り越えるべく徹底して行った事が
スクラップ&ビルドでした。 この時は100店舗潰して新たに100店舗作りました。

 当時130店舗だった時にこれだけの改革をする事は本当に大変な事でした。従来の町中での店舗から、郊外の大きなショッピングモールへの出店へと切り替えた訳です。 この時に何もしないで以前の景気が戻ってくると思ったまま、何もしないでいた所も多くありましたがその殆どの店舗は今では残っていません。
常に先手先手で行動する事が大事でしょう。 大きな目標を設定して着実にその目標へ向って一つ一つクリアーしていく事が重要です。 その点では、この大震災もピンチをチャンスに変える事が出来る要素として前向きに捉えていくしかないのではないでしょうか。
Q14.江尻社長の様な凄い経営者が思う、『凄い社長』がいらっしゃったらお教え願えますか。
 イオンを創業された岡田卓也氏ですね。
 仕事に対してもとても真摯に向き合う方ですが、それ以外にも慈善事業もされていて大変誠実な方です。
人間性にも優れて、私が商売を始めた時からこの人についていこうと思った方です。現在、全国のイオンさんにはほぼ100%近くハニーズが出店しています。現在は2代目である息子さんとも良いお付き合いをさせてもらっています。 いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
Q15.様々な要素があり一概には言えない部分があると思いますがあえてあげるとすれば経営する上で社長が考える一番重要な要素はなんでしょう。
 様々な要素はありますが、一番重要な事は“目標設定”ではないでしょうか。 目標がなければ前に進む事が出来ません。 例えば車に乗っても行き先が決まっていなければアクセルを踏む事が出来ません。行き先さえ決まっていれば、たとえそれが遠い場所で間違った道を進んでも最終的には目標地点へ到着出来ます。
 人生でも、経営でも同じ事が言えますね。 目標の設定はとても重要です。
Q16.経営者の仕事は、『0』から『1』、『無』から『有』を生みだす事だと思います。その点で新しいアイデアが生まれる時は、どこで何をされている時が多いでしょうか?
 ほっとした瞬間にアイデアが生まれる事が多いですね。基本的には、会社が儲かるかどうかと言った損得を一切抜きにしたジャッジが必要です。お客様に満足して頂く為にはどうすれば良いか? そこを掘り下げて考えている様な時には良いアイデアが生まれる事が多いですね。 いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
Q17.社長の考える強い会社を作る為の心構えの様なものはありますでしょうか?
 経営者の考え一つで会社を強くする事も弱くする事も出来ると思います。
 例えば私は、会社の経費は、いわき~上野間の電車代だけしか使いません。その後、タクシー代もホテル代も飲食代も全てポケットマネーです。会社を強くするといった観点に立った時、会社を強くして自分はどうでも良いと思える位全ての経営者が徹底した考えをもつ事が大事でしょう。 
まずは会社を守る、自分の事は二の次で良いのではないでしょうか。
Q18.社長が日常の生活(プライベート)で心がけている点と休日の過ごし方をお聞かせ下さい。
 昔からですが、悪い事はしない(笑)。
 悪い事とは、誰に対しても嘘をつかなければいけない様な事は絶対にしないと言う事です。とても単純な事です。
人間は弱いのでついつい色々な誘惑に負けそうになる時もあります。でも結局のところ自分自身には嘘をつけません全て自分は知っていますから。 誘惑に流される様な事では、仕事でもいざという時に妥協して弱みを見せる様な結果になってしまうのです。 ですが、自分自身に対しても全く妥協していなければ誰に対しても自分の強い信念を伝える事が可能になります。
 日頃からの行動や言動にはきっちりとした裏付けを持っていないといけませんね。
Q19.この様な不景気な中でも起業される方は多くいらっしゃいます。これから起業される方への何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。
  いつの時代もそうですが、この様な時は隙間が出来ますからそこを狙っていくのも一つの手でしょう。
  考え方としては、やはりピンチをチャンスと考える事が出来るか?
  この一点に限ると思います。
  これから起業される方は大きな目標設定をしてがんばって頂きたいですね。 いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
Q20.ここまでの大企業を作った社長の今後の‘夢'をお教え下さい。
 日本をはじめ、中国やミャンマー等の海外でも雇用創出をして少しでも社会的な貢献を していければと
考えています。 また、今回の大震災を受けてこれだけの規模になった当社が、より一層高感度、高品質、リーズナブルな商品を提供しお客様に還元出来る様に今後益々の企業努力をしていこうと考えています。
Q21.いわきがんばる社長駅伝を読んで下さっている読者の方へ何かメッセージを頂けますでしょうか。
 与えられた条件の中でベストを尽くすしかないと思います。どの様な状況におかれてもベストを尽くして自ら条件を変えていける様にしましょう。
 20代、30代の若いうちに徹底して苦労しそれを乗り越えて40代で花開く様な人生を送って下さい。
 目標設定をすれば、人は一生のうちに様々な事を成し遂げる事が可能です。
 被災され避難されている方々も全国の経営者の方々もこの難局を、与えられた条件の中でベストを尽くし乗り越えて行きましょう。
 目標さえあればどんな困難にも打ち勝てます。
 そして自分自身を信じて行動する事を心がけて下さい。 いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
Q22.社長にとっての座右の銘をお聞かせ頂けますでしょうか。
いわきがんばる社長駅伝第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長
江尻社長 お忙しい中誠にありがとうございました
いわきがんばる社長駅伝編集後記
 3月11日の大震災はとても大きな傷跡を残しました。
 その中で当社ではどの様な事で社会貢献出来るかを考えました。

 そこで出てきた案が、このがんばる社長駅伝です。

 会社の規模に関わらず、真摯に事業に取り組み、被災地であるいわき市を拠点にがんばっている社長の言葉は、読んで下さる読者の方々へ大きな励みとなる事でしょう。

 また、様々な社長様にご登場頂きますので経営の面からも大きな気付きを得る事が出来るのではないでしょうか。

 いわき市を拠点にがんばっている社長と言う事で、第一回目にご登場頂く社長は誰が良いか?と考えた時に
当社スタッフ全員一致で、ハニーズの江尻義久社長しかいない!と決まりました。
 決まったのは良いのですが、私も面識がある訳ではありませでしたので、当たって砕けろの精神で企画内容の説明をしアポイントを取らせて頂きました。 今まで講演等でお話を伺った事はありますが直接お話させて頂ける機会を頂けた事は私も大変嬉しく感じましたしこの企画が今後も続くと言う事を意味しました。

 実際にお会いした江尻社長の印象はとても誠実な方でした。
 温和な口調の中に強い信念を持って、一つ一つの話す言葉にも責任を持っている感じが見てとれました。
それは、多くの従業員や株主の方々がいる大企業のトップという自覚からきているのだと思います。

 社長がおっしゃった、大きな目標設定をする事の重要性。周りが何と言おうと自分だけは絶対に出来ると信じる事。その強い信念がここまで大きな企業を作り上げたのではないでしょうか。

2011年7月15日

がんばる社長駅伝メディア掲載情報 いわきがんばる社長駅伝
第1回 株式会社ハニーズ 江尻義久社長

◆第1回 江尻義久社長
【株式会社ハニーズ】

第2回 株式会社相馬屋 佐藤守利社長

◆第2回 佐藤守利社長
【株式会社相馬屋】

第3回 あすか社会保険社労士法人 菊地秀明社長

◆第3回 菊地秀明社長
【あすか社会保険社労士法人】

第4回 株式会社アイエムテー 武田友紀社長

◆第4回 武田友紀社長
【株式会社アイエムテー】

第5回 エル・トマ 庄司秀夫社長

◆第5回 庄司秀夫社長
【エル・トマ】

第6回 株式会社鹿島ショッピングセンター 松本剛社長

◆第6回 松本剛社長
【(株)鹿島ショッピングセンター】

第7回 田村建材株式会社 田村哲朗社長

◆第7回 田村哲朗社長
【田村建材株式会社】

第8回 株式会社小名浜包装資材 小沼郁亙社長

◆第8回 小沼郁亙社長
【株式会社小名浜包装資材】

第9回 常光サービス株式会社 野崎裕康社長

◆第9回 野崎裕康社長
【常光サービス株式会社】

第10回 株式会社東日本計算センター 鷺弘樹社長

◆第10回 鷺弘樹社長
【株式会社東日本計算センター】

第11回 北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長

◆第11回 有賀行秀社長
【北関東空調工業株式会社】

第12回 オノエー株式会社 小野栄重社長

◆第12回 小野栄重社長
【オノエー株式会社】

第13回 常磐興産株式会社 斎藤一彦社長

◆第13回 斎藤一彦社長
【常磐興産株式会社】

第14回 小名浜海陸運送株式会社 大兼勝彦社長

◆第14回 大兼勝彦社長
【小名浜海陸運送株式会社】

第15回 株式会社作山工務所 作山栄一社長

◆第15回 作山栄一社長
【株式会社作山工務所】

第16回 合資会社雷鮨 長瀬一夫社長

◆第16回 長瀬一夫社長
【合資会社雷鮨】

第17回 東洋システム株式会社 庄司秀樹社長

◆第17回 庄司秀樹社長
【東洋システム株式会社】

第18回 株式会社常陽経営コンサルタンツ 根本勝祐社長

◆第18回 根本勝祐社長
【株式会社常陽経営コンサルタンツ】

第19回 丸秀水産株式会社 森田裕社長

◆第19回 森田裕社長
【丸秀水産株式会社】

第20回 株式会社マルト 安島浩社長

◆第20回 安島浩社長
【株式会社マルト】

第21回 丸浜運輸株式会社 里見潤社長

◆第21回 里見潤社長
【丸浜運輸株式会社】

第22回 株式会社タンガロイ 上原好人社長

◆第22回 上原好人社長
【株式会社タンガロイ】

第23回 盤栄運送株式会社 村田裕之社長

◆第23回 村田裕之社長
【盤栄運送株式会社】

第24回 有限会社タロサ 長谷川祐一社長

◆第24回 長谷川祐一社長
【有限会社タロサ】

第25回 株式会社いわき民報社 野沢達也社長

◆第25回 野沢達也社長
【株式会社いわき民報社】

第26回 株式会社小松崎装備社 小松崎幹朗社長

◆第26回 小松崎幹朗社長
【株式会社小松崎装備社】

第27回 松田測量設計株式会社 松田剛志社長

◆第27回 松田剛志社長
【松田測量設計株式会社】

第28回 木村ミルクプラント株式会社 木村謹一郎社長

◆第28回 木村謹一郎社長
【木村ミルクプラント株式会社】

第29回 志賀塗装株式会社 志賀晶文社長

◆第29回 志賀晶文社長
【志賀塗装株式会社】

第30回 株式会社いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき) 渡辺弘社長

◆第30回 渡辺弘社長
【SEA WAVE FMいわき】

美しいいわきの復興を目指して! いわきがんばる社長駅伝公式ブログ

▲このページのトップへ戻る